お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

ロマンチック!ご注文に合わせ300種類以上の雪を降らせてくれる魔法の会社

秋の風が爽やかに香る今日この頃。北の方ではもう冬の足音が徐々に近づいています。

冬を実感させてくれるものと言えば、雪でしょう。子どもにとっては深い雪は遊びの対象ですが、大人にとっては生活を脅かす邪魔者です。人によって好みがあるので自分の都合に合わせて好きなタイプの雪が降ったらうれしいですよね。

実はイギリスにそんな魔法のような芸当をやってのけてしまう会社があるそうです。

【2015年末までに廃止されてしまう寝台特急「北斗星」に乗っておこう】

その会社の名前はダーシー・クラウンショー。一見小さくて何の変哲もない会社なのですが、300種類を超える種類の雪を自由自在に作り出すことができるのだそうです。

特にハリウッド映画などダーシー・クランショーの存在は非常に大切にされていて、今までも数多くのハリウッド映画の重要な場面を作ってきました。

例えば、子どもに人気の映画「チャーリーとチョコレート工場」で寒さと飢えに苦しむチャーリーの家族の住む家とその町をいかにも寒々とした雪で覆いました。

パニック映画の代表作品である「デイ・アフタートゥモロー」のまるで氷河期のような雪の厚さと量に背筋を凍らせた人も多いのでは?あの大量の雪もこの会社が製作したそうです。

他にもハリーポッターシリーズ、パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズでも雪を提供しています。

彼らが雪を作り出すのに使っている原料は、人間の髪の毛、ポリマー、でんぷんなどだそうですが、実際の雪を使用することもあるということです。

何気なく見ている映画のシーンの裏側で雪を作る専門の企業があるなんて、普段は思いもしませんよね。

そういう目線で改めて見直してみると、また違った発見があるかもしれません。

いつかこんな会社が日本にもできて、雪を体験してみたい南の地域などに雪を降らせてくれたら楽しいですね。

here’s no business like SNOW-business! Inside the tiny British company which has provided the white stuff for Harry Potter, James Bond, Gladiator and a host of other Hollywood films
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2766805/There-s-no-business-like-SNOW-business-Inside-tiny-British-company-provided-white-stuff-Harry-Potter-James-Bond-Gladiator-host-Hollywood-films.html

お役立ち情報[PR]