お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ごほうび旅行

最低限必要なものはコレだ! ヨーロッパ旅行に必ず持っていきたいもの・5つ

マダムリリー

旅行海外旅行の荷造りをする時、「旅行中にあったら便利かも……」と思ってあれもこれもとスーツケースに詰めすぎてしまうという人はいませんか。旅慣れるほど荷物が少なくなると言われているように、やはり海外旅行の荷物は必要最低限にするというのが鉄則です。

しかし、たとえ荷物になっても持っていくべきアイテムもあります。そこで今回は、ヨーロッパ旅行に持っていくと役立つ便利なアイテムを5つだけご紹介します。ヨーロッパの旅先で「これを持ってきて良かった!」と重宝するような旅行グッズとはどんなものでしょうか?

1、保湿パック
日本の温暖で湿度の高い気候とは違い、ヨーロッパは1年を通して空気が乾燥しています。特にこれから寒くなり冬になるとさらにドライになり、肌の乾燥がひどくなります。ただでさえ日本からの長時間のフライトで肌が乾燥しているので、保湿のできるマスクやパックなどを日本から持って行っておくと重宝します。保湿化粧水や保湿乳液なども、ヨーロッパではあまり見つけられないので日本からの持参をおすすめします。

2、雨水を防ぐ上着
ヨーロッパの気候は日較差が大きく、1週間でも日によっては最高気温が16℃の日もあれば26℃の日もあります。肌寒い時にちょっと羽織れるものが絶対に必要なヨーロッパで、あると便利なのが雨風を防げるナイロン製の上着です。パリやロンドンなどでは突然雨が降り出すこともあるので、フード付きでレインコートの代わりとして使えるものがあれば尚良し。寒さ対策として、中にフリースやセーターを着込めるように大きめのサイズを用意しておくといいでしょう。

3、除菌シート
日本では飲食店に行けばおしぼりが出てきますが、ヨーロッパではおしぼりがありません。旅行中に、ヨーロッパの街中で売られているサンドウィッチを買って食べることもあるかと思います。そんな時にあると便利なのが、除菌シート。おしぼり代わりにも使えますが、あまりきれいではないヨーロッパのトイレの便座を拭く時にも使えるので用途は様々です。

4、クレジットカードのメモ
旅行者が被害に遭うひったくりやスリの多いヨーロッパ。運悪く盗まれてしまった場合を想定して、事前に準備をしておくと助かることもあります。筆者の知り合いもフランス旅行でピックポケットに遭い、財布を盗まれてしまいましたが、クレジットカードの緊急連絡先をメモしていたためにすぐにカードをストップすることができました。ヨーロッパを旅行する際は、カードを不正に使用される前に連絡できるよう、カード会社の緊急連絡先を必ず控えておくようにしましょう。

5、室内履き
ヨーロッパのホテルで常備されているアメニティには、日本のようにスリッパや歯磨きセットがありません。シャンプーやリンス、歯ブラシなどは現地でも購入できますが、使い捨て用の安いスリッパはヨーロッパにはあまりありません。ホテルの部屋のなかでも土足で歩くのが一般的なので、床が汚い部屋も多いです。室内を土足で歩くことに抵抗がある人は、ホテルの室内用に日本からスリッパを持って来ておくといいでしょう。現地で捨てて帰るというのも一つの手です。

(マダムリリー)

var finnow = new Date(); var fintimestamp = finnow.getTime(); document.write(?Advertisement?);

お役立ち情報[PR]