お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

気力が出ない……。気力を回復させる方法

笹氣健治(心理カウンセラー)

最近どうも気力がわかない、仕事もプライベートも楽しめない、毎日がつまらない、つらい……といった気持ちになったことはありませんか?

過去にそういう状態になったことがある人も、気づいたらいつの間にか気力が回復していた、という場合がほとんどだと思います。でも、できればなるべく早くそういう状態から抜け出したいですよね。

なぜ気力がわかないのか、どうすれば気力を回復できるのか。

今回は「気力」について考えてみたいと思います。

そもそも気力とは?

「気力が充実している」とか「気力に乏しい」といった表現をしますが、気力が充実しているときというのは、元気いっぱいで体中にパワーがみなぎっていて、前向きで明るい気持ちになっている状態。

やる気やモチベーションが高く、いろいろなことに積極的にチャレンジできたり、困難があっても粘り強くやり抜いたりできます。

逆に、気力に乏しいときは、元気がなくてパワーダウン、後ろ向きで気持ちも暗くなっている。何をやるにしてもやる気がわいてこない、いろいろ計画したり行動したりすることすら難しくなります。

要するに気力とは、何か行動をする際に必要な「元気」や「パワー」ととらえることができます。

気力の正体は身体感覚です。気力がある・気力がない、というのは、身体の感覚としてそう感じているのです。

体のコンディションもメンタルの状態もいいときの身体感覚は「気力が充実している」状態で、逆に体のコンディションもメンタルの状態も悪いときの身体感覚は「気力に乏しい」状態です。

次ページ:気力がない、気力が出ないときとは

お役立ち情報[PR]