お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

290円ラーメンから女性ラーメン評論家オススメまで本当においしい博多ラーメン

博多といえばトンコツラーメン。濃厚な白いスープにシャキシャキの細麺が特徴だ。

さて、この博多ラーメン。博多の中心部をあるけば、あちこちに店があるが、一体どこがオススメなのだろうか?

まずは、驚きの安さで提供しているのが『はかたや』。なんと290円で並サイズの博多ラーメンが食べられる。

この低価格のため、カウンターに座って食べるスタイルでも、家族連れでやってくる人も多い。

【魚介類が新鮮・豊富・安い! 九州・山口県の道の駅満足度ランキングー1位福岡県「道の駅 むなかた」】

次に、地元に住んでいるラーメン好きを自認するOLがオススメしてくれたのが、『住吉亭』と『博多一双』、『元祖長浜屋』。

『住吉亭』は盛りだくさんのネギとさっぱりながらもコクがあるスープが特徴。脂ギットリの濃厚スープが好きな男性陣には物足りないかもしれないが、女性からの人気は高いそう。

かたや、『博多一双』はコッテリ濃厚なトンコツスープ。博多駅からも近く、新幹線に乗る直前の最後の博多グルメを楽しむ際にもオススメ。

『元祖長浜屋』は老舗の有名店。値段が500円と安いのも特徴だ。タクシーの運転手に「おいしいラーメン屋はどこですか?」と聞くと、「『元祖長浜屋』がよかと!!」と必ず答えが返ってくるという噂があるそう。行って後悔しない店とも言えるだろう。

次に、アドバイスをくれたのは、ベリーダンサーでラーメン評論家のレイラさん。「博多駅や天神あたりで、観光中に立ち寄るならここかな」とオススメしてくれたのが、『麺劇場 玄瑛』、『元気一杯』、『八ちゃんラーメン』、『大砲ラーメン』。

『麺劇場 玄瑛』はトンコツラーメンだけでなく、『海老薫醤油ラーメン』や『玄瑛流担々麺』など、様々なスープのラーメンを楽しむことができる。トンコツ+魚介スープの『玄瑛流ラーメン』はマー油入りの透明感あるあっさり系。

いわゆるトンコツラーメンとは別物のラーメンだが、芸能人にも愛好家が多いそう。

お次の『元気一杯』は、ちょっと不思議なお店。店主独特の“こだわりルール”があるだけでなく、なんと“看板のないお店”なのだ。提供されると、店主から「まずはスープから召し上がってください」と言われるスープは、白くてクリーミーな正当派。

地元っ子やラーメン愛好家からも評価の高いお店である。

『八ちゃんラーメン』はコッテリ度が高いことでも有名なラーメン店。極細の麺にブクブク泡立つくらいコッテリのスープがからむという、独特の味わいがクセになる。ギトギト好きは挑戦しないとソン!!
最後の『大砲ラーメン』は久留米の老舗店。お値段も博多価格で並ラーメンが570円。ラーメンフリークの間でも有名なお店で、なかでも「呼び戻しスープ」という伝統の味がこの店の特徴だ。

さてさて、気になったお店がある人は、ググッて場所を確かめて、足を運んでみてはいかがでしょうか?

文/中山美里

お役立ち情報[PR]