お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

お願い、気づいて! オンナが内心「理解不能!」と思うオトコの言動・14選

「どうして女心をわかってくれないの?」と嘆く女性と、「キミだって、男心をわかっていないだろ」と内心モヤモヤする男性。カップル間の痴話ゲンカをひとつとっても、男女で感じ方がちがうポイントはいたるところに存在します。では、実際に男女ではどんな風に考えが異なっているものでしょうか。今回は、女性たちが男性に対して「理解不能!」と感じたポイントから探ってみました。

■趣味が理解できません!

・「電車が好き。ただ走っているだけなのに、カメラ片手に何時間も見ている」(30歳/金融・証券/専門職)

・「車が好きなのが理解できない」(26歳/学校・教育関連/専門職)

・「趣味が合わない。野球好きな彼とかだと、私は野球のルールすら分かっていないので、う~ん……と思ってしまう」(31歳/不動産/事務系専門職)

男性は乗り物やスポーツが大好き。熱を込めて説明されても……ごめんなさい、ちっともわかりません。趣味が同じでない限りは、共感するのは難しい!?

■金銭感覚が合わない!

・「ギャンブルにお金を使うのは意味がわからない」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「飲み会代に1日で3万円使ったと聞いて、金銭感覚が合わないのだなと思った」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「現実的な見積もりが足りない。結婚したいっていうのもいいが、その先をきちんと考えてほしい」(26歳/学校・教育関連/技術職)

悲しいかな、金銭感覚が合わない相手とは、結婚を考えても踏み切りにくいもの。好きという気持ちだけでは、乗り越えられない壁なのかもしれません……。

■じっくり選びたいのに……

・「買い物時間が長いと怒られた」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「デパ地下でどのケーキを買って帰るか悩むと、『どれでもいいんじゃない』と言われた」(29歳/自動車関連/事務系専門職)

買い物トラブルは多数報告されました。目的もなく店を見て回ることが男性には苦痛のようです。文句を言いながらも付き合ってくれるパートナーには感謝しましょう。

■これってOK? それともNG?

・「浮気の境界線」(25歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「ネットで知らない女の子と仲良くする意味がわからない」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

異性との交流がどこまでが許されるのか、はたまたアウトなのか? どうジャッジするかは2人の考え方次第です。

■もったいなくて捨てられない

・「自分はいらないものや着ない服はどんどん手放したいのですが、彼はあまり着ていないからという理由から手放すことをしない」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「元カノとの写真を人別に分けて保管していた時。何回捨ててと言っても嫌がって捨ててくれませんでした。これが男の記憶のフォルダ別保存か、と感じました」(24歳/電機/事務系専門職)

女性にとっては理解できないものをコレクションしている男性は多いよう。フィギュアなどはともかく、歴代彼女の写真はちょっと……。さっさと断捨離してほしい!

■わたしの話も聞いてよ!

・「愚痴ると正論で諭してくる。否定されるようで辛い」(31歳/情報・IT/技術職)

・「話を聞いてもらいたいだけなのに『だからどうしたいの?』と結論を急ぐところ」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

気持ちを大事にしようとする女性に対し、結果を大事にする男性。これって、脳の構造上の違いなのでしょうか?

彼は自分のすべてを理解してくれて当たり前。そう思ってしまうと、至らぬところばかり目に入ってしまいそう。お互いの気持ちをぶつけあったら、ある程度妥協してすり合わせるバランス感を忘れずにいたいですね。

※『マイナビウーマン』にて2014年9月にWebアンケート。有効回答数114件。

※画像は本文と関係ありません

(OFFICE-SANGA 相羽亜季実)

お役立ち情報[PR]