お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

日本の地価上昇中!平成26年度土地取引が盛んな県はここだ!

景気が本当に回復しているのか疑問な状況ではありますが、実は日本の地価、特に東京を中心とした三大都市圏は上昇しています。何が起こっているのか現状をご紹介します。

【不動産にまつわる疑問いろいろ―マンションの「定礎」と彫った石は何なの?】

■なぜ地価が上がるのか?

国土交通省が公表した「平成26年1月1日時点での地価公示」があります。その中では、「三大都市圏では、住宅地、商業地ともに地価が上昇に転換」と報告されています。

1月以降も土地のニーズは高まり、それに伴って地価も上昇傾向にあります。その理由について不動産ディベロッパーに取材してみますと、

●「東京オリンピック」開催に向けて地価、不動産価格が上がっていくという期待感
●外資の流入

の二つが要因と考えられるそうです。実際、東京都内では中小ディベロッパーにとっては土地の購入が困難な状況もあるようで、これから販売される不動産物件の価格にはこの地価上昇分が反映されるものと思われます。

「中国の不動産バブルは世界中から心配されるごとく、まさに末期的で、確実な投資案件として日本の土地・不動産が注目されている。外資の流入については投資先を探している中国マネーが大きい」のだそうです。

では、全国の土地取引の現状を、最新データによって見てみましょう。
土地取引が活発に行われている地域は以下のようになっています。

■平成26年7月までの土地取引「件数」ランキング

第1位 東京都……2,428件
第2位 埼玉県……1,062件
第3位 千葉県……1,047件
第4位 兵庫県……885件
第5位 北海道……844件
第6位 大阪府……839件
第7位 福岡県……678件
第8位 長野県……629件
第9位 愛知県……628件
第10位 福島県……615件
=============
第11位 神奈川県……567件
第12位 茨城県……532件
第13位 鹿児島県……527件
第14位 群馬県……454件
第15位 三重県……442件
第16位 栃木県……424件
第17位 静岡県……397件
第18位 愛媛県……336件
同18位 宮崎県……336件
第20位 新潟県……328件
=============
第21位 広島県……323件
第22位 熊本県……313件
第23位 岐阜県……308件
第24位 山口県……304件
第25位 宮城県……292件
第26位 長崎県……289件
第27位 岩手県……284件
第28位 青森県……281件
第29位 和歌山県……280件
第30位 京都府……277件
=============
第31位 岡山県……273件
第32位 沖縄県……271件
第33位 大分県……270件
第34位 滋賀県……269件
第35位 山梨県……236件
第36位 石川県……231件
第37位 富山県……220件
第38位 奈良県……210件
第39位 佐賀県……197件
第40位 香川県……192件
=============
第41位 徳島県……183件
第42位 島根県……181件
第43位 秋田県……167件
第44位 福井県……158件
第45位 高知県……155件
第46位 山形県……150件
第47位 鳥取県……139件

⇒データ出典:国土交通省「土地取引規制基礎調査概況調査」の「土地取引件数」
http://tochi.mlit.go.jp/torihiki/torihiki-kensu

東京が1位で、3位までは関東圏ですが、4位には兵庫県、5位には北海道が入っています。震災からの復興を目指す福島県が10位。福島県の再生が望まれますので、もっと上位に入ってほしいものです。

この土地取引を面積(1-7月までに取引された土地の累計合計面積)で見てみると、意外な結果になります。

■平成26年7月までの土地取引「面積」ランキング

第1位 岡山県……5.2平方キロメートル
第2位 北海道……4.0平方キロメートル
第3位 兵庫県……3.6平方キロメートル
第4位 福島県……1.5平方キロメートル
第5位 群馬県……1.4平方キロメートル
第6位 鹿児島県……1.3平方キロメートル
第7位 奈良県……1.1平方キロメートル
第8位 三重県……0.9平方キロメートル
第9位 茨城県……0.7平方キロメートル
第10位 熊本県……0.7平方キロメートル
===================
第11位 和歌山県……0.6平方キロメートル
第12位 岩手県……0.6平方キロメートル
第13位 千葉県……0.6平方キロメートル
第14位 宮崎県……0.6平方キロメートル
第15位 広島県……0.6平方キロメートル
第16位 高知県……0.5平方キロメートル
第17位 青森県……0.5平方キロメートル
第18位 岐阜県……0.5平方キロメートル
第19位 秋田県……0.5平方キロメートル
第20位 栃木県……0.5平方キロメートル
===================
第21位 長野県……0.5平方キロメートル
第22位 福岡県……0.5平方キロメートル
第23位 埼玉県……0.5平方キロメートル
第24位 愛媛県……0.4平方キロメートル
第25位 大分県……0.4平方キロメートル
第26位 島根県……0.3平方キロメートル
第27位 山形県……0.3平方キロメートル
第28位 静岡県……0.3平方キロメートル
第29位 山口県……0.2平方キロメートル
第30位 宮城県……0.2平方キロメートル
===================
第31位 沖縄県……0.2平方キロメートル
第32位 東京都……0.2平方キロメートル
同32位 愛知県……0.2平方キロメートル
第34位 新潟県……0.2平方キロメートル
第35位 大阪府……0.2平方キロメートル
第36位 長崎県……0.2平方キロメートル
第37位 香川県……0.2平方キロメートル
第38位 佐賀県……0.2平方キロメートル
第39位 京都府……0.2平方キロメートル
第40位 徳島県……0.1平方キロメートル
===================
第41位 富山県……0.1平方キロメートル
第42位 神奈川県……0.1平方キロメートル
第43位 山梨県……0.1平方キロメートル
第44位 滋賀県……0.1平方キロメートル
第45位 石川県……0.1平方キロメートル
第46位 福井県……0.1平方キロメートル
第47位 鳥取県……0.1平方キロメートル

*……小数点第2位の数字を四捨五入しているので、表記上同じ数字になっているところがあります。

⇒データ出典:国土交通省「土地取引規制基礎調査概況調査」の「土地取引面積」
http://tochi.mlit.go.jp/torihiki/torihiki-kensu

面積で見ると、なんと岡山県が1位! 北海道が続いています。件数は少なくとも、1件1件の取引面積が大きいということなのでしょうね。件数では1位だった東京は、面積では32位にまで沈んでいます。福島県は、面積で4位。

復興のための土地取引が盛んなことが分かります。

いかがだったでしょうか。土地の取引が盛んで、地価は上昇傾向にあります。これは景気が良くなる前触れだったら良いのですが……。

(高橋モータース@dcp)https://woman.mynavi.jp/article/130920-095/

お役立ち情報[PR]