お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

もう一度やりなおせたら……。大好きな男性と別れて気付いたこと・5選

女性自分から切り出したり、別れを告げられたり……と、どんな相手でもつらい彼との破局。付き合ったころには分からなかったけれど、別れてから気づくこともあるのではないでしょうか? 今回、働く女子に彼と別れて気付いたことについて、リサーチしてみました。
■自分がわがままだった

【女性は騙されちゃダメ! 絶対結婚してはいけないNG男性の特徴4選】

・「自分のわがままさに気付きました。もっと相手を尊重しないといけない」(28歳/金融・証券/販売職・サービス系)
・「自分のことしか見えないことに気付く」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「自分は彼にかなり依存していた」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

わがままは聞いてくれる相手がいるからこそできるのですね。彼がいなくなって気づかされた辛い思い出ですね。

■意外と好きじゃなかった

・「意外と自分が無理をしていたということに気づいて、スッキリ」(29歳/情報・IT/販売職・サービス系)
・「意外と好きじゃなかった」(26歳/商社・卸/技術職)
・「遊ばれていた」(27歳/マスコミ・広告/営業職)

相手に合わせるばかりだと疲れてしまう恋愛。別れて正解ですね。

■いいカレだった

・「その人をとても好きだったこと」(28歳/建設・土木/事務系専門職)
・「やさしい人だった」(31歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)
・「愛されていたなと思う」(33歳/医療・福祉/専門職)

どんな事情で別れてしまっても、やさしい人と過ごした思い出は永遠です!

■愛情表現について

・「女性は思われたほうが幸せ」(31歳/不動産/秘書・アシスタント職)
・「愛情表現が少なかったな、と」(29歳/その他/その他)

攻める恋愛か求められる恋愛か。自分が求める愛の形を知っておくのは大事ですね。

■恋をしなければわからないこと

・「恋に駆け引きは必要ない」(31歳/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「人を好きにならない方が幸せかもしれないが、恋しているときが一番輝いている」(25歳/電機/事務系専門職)

本やドラマでできるのは疑似的な体験。自分で体験してみないとわからないことが多いですよね。

美しいものから現実が見えてくるものまでご紹介しました。恋愛は始まりばかり注目しがちですが、お付き合いした後に相手が残してくれることも多いようです。みなさんには別れて気づいたことはありますか?

※画像は本文と関係ありません

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年9月にWebアンケート。有効回答数189件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]