お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

「玄関」は「家の顔」。約半数が自宅玄関の人目を気にする、隣も気になる

玄関をどの程度気にしているか?

LIXIL(リクシル)は、築10年以上の持ち家、一戸建て居住の40~60代男女900人を対象に、玄関に関する意識調査を実施した。

【模様替えのときに役立つ100円ショップの商品とは?「玄関はコルクマットで」】

「自宅玄関に対する周りからの目をどの程度気にするか」という質問に対して、「とても気になる」は8.8%だが、「やや気になる」が43.6%と、合わせて約半数の人が気にすると回答している。また「自分が友人宅を訪問した際、玄関をどの程度気にするか」という質問には、「とても気になる」が7%、「やや気になる」が43.4%という結果になった。

約半数が来客時に自宅玄関がどう思われているかを気にしているし、自分が訪問した時も訪問宅の玄関は気になるようだ。

では、玄関をどのように考えているかを質問したところ、約80%が「玄関はその家の第一印象を決める」、77.1%は「玄関が古びているとその家全体が古びているように感じる」、75.8%は「玄関を新しくすると気分も変わりそうだ」と回答している。

玄関は印象を変える重要な存在と認識されている。

玄関に関する様々な考え方についての質問

「家の顔」とも認識されている玄関ドアの掃除頻度の質問をしたところ、年5回以上が29%、年3?4回が18.3%、年1?2回が38.8%、それ以下が9.8%、掃除したことがないが4.1%という回答だった。約半数が半年に1回以下という結果で、玄関ドアへの美意識は低いようだ。

「玄関ドア」を、どの位の頻度で掃除するか

最後に、玄関ドアの掃除頻度と夫婦円満度について調べたところ、年1?2回の掃除をする夫婦が約40%と最も高く、続いて年5回以上が約30%、年3?4回以上が約20%という結果になった。玄関ドアを大切にする夫婦は仲が良い傾向にあるようだ。

玄関ドアの掃除頻度と夫婦円満度について

お役立ち情報[PR]