お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

中堅不動産ディベロッパーが明かす―物件の「壁が薄い」の裏事情

アパートやマンションなどには、「隣の音がとてもよく聞こえる物件」があったりします。こうした音がよく聞こえることを「壁が薄い」といいますが、壁が薄いとは具体的にどういった状況なのでしょうか? そのまま純粋に壁が薄っぺらいのか、それとも壁自体は厚いけど、工法の問題で音がよく聞こえてしまうのか……。

【不動産業者に聞く!家賃はどこまで踏み倒すことができる?】

「壁が薄い」とはどういうことなのか、中堅不動産ディベロッパーの営業マンに聞いてみました。

■中が空洞、壁が1枚……薄い壁のアレコレ

――物件の「壁が薄い」というのは具体的にどういった状態なのでしょうか?

営業マン 物件の壁は、基本的に柱の両サイドにボードを貼り付けたものです。その中に断熱材などを入れるのですが、断熱材がない、壁と壁の隙間が空洞、といった物件もあります。こうした物件は隣に音がよく聞こえてしまったり、逆に隣の音がものすごく響いたりします。

――そうした壁の中が空洞だったりする物件は多いのでしょうか?

営業マン 実はけっこうあったりします。他にも、壁が「単なる板が1枚だけ」という物件もあったりしますよ。

――それはひどいですね。逆に、「壁が厚い」というのはどういうことでしょうか?

営業マン 板1枚というのは問題外ですが、2枚の壁で覆ってあり、断熱材がしっかり入っているのが普通です。そこから防音性を高めるために、壁を二重張りにしたり、遮音性の高い素材が使ってある壁は「壁が厚い」といえますね。

――ではそうではない壁は「手抜き」であるのでしょうか?

営業マン 手抜きであるといえば手抜きですね。ただ、木造物件の場合は構造上の問題で防音などの限界があるので、そこまで防音性が高くなくても仕方ないのではと思います。

――木造物件に住みたいという人は、そのあたりは多少ガマンしないといけませんね。それ以外の、鉄筋コンクリート造の物件などで、壁の薄い厚いをチェックするにはどうすればいいでしょうか?

営業マン 実際にたたいてみるのが一番だと思います。中が空洞だったり、ボードが1枚だけの場合は、たたくと一瞬で分かります。壁がしっかり埋まっていても、実際住んでみると「音が筒抜け」ということもまれにあります。

左右の部屋が空いているなどしていれば、どれだけ隣の音が聞こえるか、どれだけ音が隣に筒抜けになるのか調べてみるのも有効です。

――事前にしっかりと調べてみることは大事ですよね。

営業マン 左右の壁だけでなく、天井や床の防音も大事です。壁よりも音に関してはシビアなポイントなのですが、意外と音が筒抜けになる物件もあるので、物件探しの際はしっかりと調べないといけません。

――壁だけに注意しないようにしたいですね。

話を伺ったところ、「壁が薄い」とされる物件が意外と多いようです。物件探しの際は、こうした「ハズレ」の物件を引いてしまわないよう、遠慮なく壁をたたくなどして遮音性を確かめるといいですね。

(貫井康徳@dcp)

お役立ち情報[PR]