お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

こんな男には要注意! 同性から見た「付き合ってはいけない男」の特徴5つ

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

女同士で「あの人、カッコいい!」と思っている男性でも、実は同性からの評判が悪いということってありますよね。そんな男性と実際に付き合ってみると、その通りだったり……。同性から見て「こんな男には気をつけろ!」と感じるのは、どんな人なのでしょうか? 社会人男性に、その特徴を聞いてみました。

忙しいアピールをする男

・「日ごろから『忙しい』とばかり言う人には注意が必要。都合よく遊べる女の子にそう言っておけばドタキャンの言い訳にできる。本当に忙しいとしたらスケジュール管理が下手な人の可能性大」(30歳/福祉)

・「忙しい自分が大好きなのかも。忙しいことをカッコいいことだと勘違いしていて、忙しい自慢や周囲の人間がいかに無能かの愚痴ばかり聞かされることになる」(30歳/サービス)

忙しいとデートの約束もなかなかできなさそう。お互いのスケジュールをうまく合わせてくれる人を選びたいですね。

母親になんでもやってもらう男

・「プロポーズする前に、彼女を母親に会わせようとしたら要注意。付き合っている女性の良し悪しまで母親の判断に委ねようする、マザコン男かもしれないから」(28歳/小売)

・「彼女に掃除・洗濯なんでもやってもらっても、ありがとうとか、悪いね、という言葉が出ないなら、ママに甘やかされて育った証拠。そのうち彼女を母親の代わりみたいに扱う人になりそう」(27歳/サービス)

家族と仲がいいのはいいことですが、それが過剰になってしまうと考えものです。もう少し自立できるようになってほしいですね。

最初のデートでおごらない男

・「男としては女性にお金を出させたくない。経済的にきつくても、今後も会いたいと思った女性には見栄を張っておごる。おごらない場合は脈なしか、金銭に細かいケチな人の場合が多いと思う」(31歳/金融)

今では割り勘でも当たり前の風潮が広がってきているとはいえ、ご馳走するのは愛情表現のひとつのようです。金銭的に細かい人は、今後付き合っても金銭面でもめてしまいそう。

女友だちが多い男

・「女友だちが多いと浮気の可能性がある。本人にその気がなくても、女が迫ってきたら悪い気はしないのが男だし」(29歳/製造)

やはり男女の友情を信じすぎないほうがいいのかも? 彼女ができたら女友だちとの付き合いを自粛してくれるような男性は誠実ですね。

元カノとのことをごまかす男

・「元カノとの思い出を語りすぎるのも無神経だけれど、元カノのことについて聞かれたときにごまかす人はあまりいい恋愛をしていない。振られてしまう原因がある男か、まだ未練があるかだから」(32歳/金融)

元カノのことを聞くのは勇気がいるもの。もしかしたら嫉妬してしまうかもしれません。それでも、一度どのような恋愛をしてきたのか聞くのもいいですね。

もし、自分の選んだ男性が、周囲から「やめとけ!」と言われてしまったら悲しいものです。でも、周囲の意見も参考にしつつ、最終的に選ぶのはあなた自身。素敵な出会いをするべく、男性を見極める目を養いたいものですね。あなたは、「こんな男には気をつけろ!」と男性に指摘されたことがありますか?

※画像は本文と関係ありません

(神之れい+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]