お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

今夏食べたい! CNNでもっともおいしいと選ばれたマッサマンカレーとは……

スパイシー丸山

猛暑日が続く今年の夏。暑い日々が続くとスパイシーなものが食べたくなりますよね。そんななか、今、カレー業界で注目を集めているのがタイ南部発祥の「マッサマンカレー」。米国情報サイト「CNN Go」が発表した「世界でもっともおいしい50種類の食べ物(World’s 50 most delicious foods)」で第1位に選ばれ、世界中の美食家たちをトリコにしてきたカレーです。ちなみにこのランキングで日本の寿司は4位でした。寿司にも勝るおいしさを誇るカレーがどんなものなのか気になりますよね。

スパイス(イメージ)

■ほんのりした甘さと深いコク、辛さに弱い人にもオススメ

そこで、「マッサマンカレー」の特徴や味わいについて、日本野菜ソムリエ協会認定カレーマイスター講師でカレー研究家のスパイシー丸山さんに聞きました。

「最大の特徴は、ココナッツミルクを使った一般的なタイカレーの延長線上にありながら、ほかのカレーとは一線を画す、深いコクと甘さがあるリッチな味わいです。辛さは”ほんのり辛い”というものがほとんどなので、今まで辛くてタイカレーが食べられなかったという人たちでもおいしく楽しめることでしょう。さらに、ほんのり感じる酸味は、タマリンドという東南アジアや南アジアで使われる果実によるものです。

また、イスラム料理がルーツになっているため、具材に豚は使われず、メインはチキンかビーフ。ほかにもジャガイモやナッツ類が入っているのは特徴的。特にナッツ類はほかのタイカレーには入らないのでユニークです。ピーナッツかカシューナッツが使われている場合が多いですね」(丸山さん)。

■日焼け対策、美肌効果が女子の夏肌をサポートしてくれる

次に、カレーといえばスパイス。「マッサマンカレー」には何が使われているのでしょう。

「グリーンカレーやレッドカレーはスパイスではなくタイのハーブが主役になっていますが、マッサマンカレーはタイのハーブ類だけでなくスパイスも使われています。おもなスパイスはターメリック、カルダモン、クローブ、シナモン、ナツメグなど。特にターメリックは抗酸化作用による美肌効果があるので女子にはうれしいはず。しかも、抗酸化食品は、日焼け対策にもいいといわれているので、積極的にとっていけば夏の肌ケアに一役買ってくれるかもしれません。そのほか、シナモンは毛細血管を元気にしてくれるスパイスで肌のハリをよくするといわれているんですよ」(丸山さん)。

お疲れモードの夏肌にありがたい効果がみえるかも!?

■なぜ今まで日本ではメジャーにならなかったのか

タイのカレーというと、グリーンカレーやレッドカレーが日本では有名。「マッサマンカレー」がそんなにおいしいならなぜ日本に浸透していなかったのでしょう。

丸山さんによると「マッサマンカレーは、庶民の料理というより宮廷料理としてタイで食べられてきました。現在でもタイに行けばどこでも食べられるというわけではなく、宮廷料理を扱っている高級ホテルでないと食べられないようです。そのためか、マッサマンカレーのおいしさは、長い間、一部の美食家たちにのみ知られており、CNNで発表される以前は日本でもほとんど知られていなかったんですよ」(丸山さん)。

タイの高級料理のひとつであった「マッサマンカレー」。しかし、世界中のおいしいものが集まる日本では、今や手軽にそして手頃に楽しむことができます。

■ファミレスやレトルトで世界NO1の味をいただく

前述のとおり、タイ料理店に行けばどこでも食べられるわけではありません。しかし、実はもっと身近な店で「マッサマンカレー」は楽しめます。

ファミリーレストランの「ジョナサン」では、8月27 日(水)まで、期間限定メニューで「チキンと夏野菜のタイ風マッサマンカレー」890円(税別)を用意(一部店舗を除く)。「同メニューのポイントは、タイ米の最高級ランクとして知られるジャスミンライスと食べられること。香り高いマッサマンカレーにジャスミンライスの香りが加わり、より本格的な味わいを楽しむことができます」(丸山さん)。

ジョナサン

ジョナサンの「チキンと夏野菜のタイ風マッサマンカレー」

ほかにスーパーやコンビニで買えるレトルト商品も。たとえば、ハウス食品からは牛肉のマッサマンカレーが出ているほか、S&B食品からはフライパンで簡単に作れるキットが出ていたり、人気が高いタイカレー缶詰(ニッスイ)も登場しています。

中でも丸山さんイチオシは、無印良品の「素材を生かしたカレー マッサマン」(180g)300円(税込)。「クオリティーが高く、マッサマンとはどんなものなのか心髄を知ることができます」(丸山さん)。さらに、カルディコーヒーファームで販売している「ロイタイ マサマンカレースープ」(250ml)183円(税込)も「タイ直輸入なだけあって香り高い素晴らしい完成度!お店の味を自宅で楽しむことができます」(丸山さん)とオススメ。

無印良品「素材を生かしたカレー マッサン」

無印良品「素材を生かしたカレー マッサン」

カルディコーヒー「ロイタイ マサマンカレースープ」

カルディコーヒーファーム「ロイタイ マサマンカレースープ」

カレーとひとことで語ってしまうにはもったいないほどの深い味わいがある「マッサマンカレー」。暑い国タイの食文化は猛暑が続く今夏にぴったりです。夏ならではのスパイスを欲する人、新たな食の感動を求める人は必食のひと品です。

(浜田彩)

スパイシー丸山

日本野菜ソムリエ協会認定カレーマイスター講師、カレー研究家。カレーの食べ歩き、カレー作りをライフワークとし、ほぼ毎日カレーを食している。講師以外にもラジオパーソナリティー、ナレーター、イベントMCとしても活動。ブログ(http://ameblo.jp/maruyamashu/)でのカレー情報発信を行う

この著者の記事一覧 

SHARE