お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 汚女子クリーニング

あぁ、やっちゃった! 女子が「ポケットに物を入れたまま洗濯した経験談」4選

洗濯をするとき、ポケットに何も入っていないのを確認してから、洗濯機に入れる……。わかってはいることですが、ときには「つい」忘れてしまうことも。ポケットの中を確認せずそのまま洗濯をしてしまい、大変な目にあった人も少なくないのでは。そこで、「ポケットに物が入ったまま洗濯をした経験」について、働く女子に聞いてみました。

Q.あなたは、家で洗濯するときポケットに物が入ったまま洗濯をしてしまった経験はありますか?
はい……71.6%
いいえ……28.4%

約7割の人が「経験アリ」と回答。何を入れっぱなしにしてしまったのか、くわしく教えてもらいました。

■洗濯ものが紙くずだらけ
・「ティッシュを入れたまま洗濯し、洗濯ものがティッシュだらけになった」(24歳/金属・鉄鋼・化学/秘書・アシスタント職)
・「ティッシュを入れたまま洗濯機をまわしてしまった。特に黒いTシャツ類と一緒に入れると、たくさんくっついてしまう」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

ポケットティッシュを入れたまま洗ってしまった……という人が多数! ポケットティッシュは、洗濯ものだけでなく、洗濯機の中も紙まみれになって、あと片付けが大変ですよね。

■大事なメモを入れっぱなし
・「ポケットに大事なメモを入れていたのに、ぐちゃぐちゃになってしまった」(27歳/学校・教育関連/専門職)
・「ポケットに大事なメモを入れたまま洗濯。にじんでいましたが内容が確認できたのでホッとしました」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

大事だからと、ポケットに入れておいたメモ。洗ってしまったときのショックは大きいですよね。内容が確認できればいいかもしれませんが、わからないくらいになっていると困ってしまいます!

■ポケットがベトベト・ドロドロ
・「ガムがベトベトになって出てきた」(26歳/情報・IT/事務系専門職)
・「アメと一緒に洗ってしまい、ポケットがベタベタになった」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「口紅をポケットに入れたまま洗濯してしまい、運悪くキャップも外れてしまいポケットがドロドロになったことがある」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

ついついポケットに入れてしまうアメやガムを洗ってしまったことがある人も。やはり洗濯後はベトベトの仕上がりに……。中には、口紅を一緒に洗ってしまってポケットをダメにしてしまった人も。

■水濡れ厳禁の物を……
・「定期を入れて洗ってしまい、データがおかしくなりました」(27歳/運輸・倉庫/技術職)
・「携帯を入れたままで壊れて、泣きそうだった」(29歳/医療・福祉/専門職)
・「iPodを入れたまま洗濯してしまった。やっぱり壊れていたので買い直し……」(27歳/ソフトウェア/技術職)
・「夫の財布をポケットから抜かずにカードごと洗ったことがある。クレジットカードがダメになった」(30歳/金融・証券/営業職)

これはイタイ! 水濡れ厳禁な物を洗ってしまったら、修復は難しいです。磁気カードや携帯、ポータブル音楽プレーヤーなどは、ポケットに入れずカバンに入れておいたほうがいいのかもしれません。

みなさん、さまざまな物を洗ってしまった経験があるんですね。あとで悔しい思いをしないためにも、洗濯前のポケットチェックは、怠らないようにしましょう!

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年7月にWebアンケート。有効回答数299件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]