お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

女子の本音! 男性に浴衣を着てほしい本当の理由「風呂あがりっぽくてセクシー」「歩く早さが同じ」

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

夏といえばお祭り。夏祭りで浴衣を着ると、気分が盛り上がりますし、思い出にも残るものですよね。では、男性が着る浴衣について、女子のみなさんはどう思っているのでしょうか。「夏祭りで男性に浴衣を着てほしいか」をテーマに、女子の本音を聞きました。

まずは、「夏祭りでは浴衣を着てほしい」という意見から。

■セクシーでカッコいい!

「男性の浴衣、カッコいい! 柄もシンプルでサラッと着る感じだから、風呂あがりっぽくてセクシーだし、大好き。女子とは対照的に、帯を腰の低い位置で巻くのも粋」(26歳/IT)

着てほしい派の意見は、「カッコいいから」とド直球の意見が大半。男女ともに、きちんと着付けした浴衣姿は、上品で優雅な姿に見えるものですよね。

■特別感がある

「準備とか面倒なのに私のためにがんばってくれたんだっていう、特別感があってうれしい。10代のころは甚平でもいいけど、20代半ばを超えたらやっぱり浴衣!」(28歳/音楽)

確かに、着付けの方法を調べながら四苦八苦して着替えている姿を想像すると、キュンときてしまいますね。普段の洋服にはない「特別感」はデートの気分も盛り上げます。

■太め体型が魅力的に見える

「私服だとメタボなお腹はだらしなく見えるけど、浴衣だと、むしろ多少お腹が出ているくらいのほうがキマるから好き。彼氏が太っているので……(笑)」(31歳/食品)

少し太った人や、なで肩の人は、和服が似合うと言われていますよね。

■歩調が合う

「2人で浴衣を着たら、歩くスピードが合うからいいなと思う。彼氏が私服で私だけ浴衣を着て花火に行ったとき、『歩くの遅すぎなんだよ』『早く歩けないんだからしょうがないじゃん!』と、ケンカになったことがあるので」(27歳/デザイナー)

浴衣だとぞうりを履くため、小股でチョコチョコ歩くことになります。気を使って早歩きするのも疲れるので、2人で一緒にゆっくり歩きたいですよね。

反対に、「夏祭りで浴衣を着てほしくない」という人の意見です。

■浴衣女子をサポートしてほしいから

「動きやすい服装で、浴衣女子をサポートしてくれるのがベスト。女子を休ませてくれている間に、男性が食べ物を買ってきたりなどアクティブに動いてほしい」(29歳/飲食)

夏祭りは人ごみだらけ。着慣れない浴衣で歩きまわるのは疲れるので、男性がいろいろと手配してくれたらすごく助かりますね。

■お泊まりしづらい

「浴衣はいろいろと面倒だから無理して着てくれなくてもいいし、女子にも浴衣を強要しないでほしい。それに浴衣だと、お祭りのあとに気軽にホテルとか行けないし……」(28歳/金融)

浴衣の着付けは時間がかかるので、できれば一日に何度もやりたくないですよね……。

■まとめ

夏しか見られない浴衣姿、やはり「着てほしい」という意見が多いよう。ただ、「着てほしくない」派の理由は、「男性の浴衣姿が嫌い」なのではなく、浴衣で行く夏祭りの大変さを経験した女子ならではの意見がほとんどでした。あなたは、夏祭りでは男性に浴衣を着てほしいと思いますか?

(鈴木夏希+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]