お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

BBQなどアウトドアで役に立つ! 上手な火おこしの基礎知識を身につけよう!

夏になると、海や山へアウトドアを楽しみに出かける方も増えてきます。アウトドアで外せないのがBBQになりますが、なかなか火おこしをするのが大変で、男性でも苦手だったりする人も少なくないようです。そこで今回は、アウトドアで火おこしをする場合、どんな方法があるのか、働く女性に聞いてみました。

■チャッカマン

・「チャッカマンに限る!」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・「火をおこすのが面倒だから、チャッカマンを持っていく」(23歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「チャッカマンを持っていくと手がやけどせず火をつける作業が楽」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「今は便利な世の中なので、ガスバーナーやチャッカマンで瞬時に着火させます」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

最近は火おこしをするのに定番になっているチャッカマンは、アウトドアにはかかせないグッズになっています。

■着火剤

・「着火剤は簡単に火が広まって便利。ホームセンターで売っています」(27歳/商社・卸/営業職)

・「着火剤を使用してできるだけ乾燥した新聞紙などを用意する」(30歳/電機/秘書・アシスタント職)

・「着火剤は便利なものが多いと思う」(31歳/学校・教育関連/事務系専門職)

炭に火をつけたい場合、便利なのがやはり着火剤になります。火がついたらしばらくの間、燃えているので、大変便利です。

■うちわ

・「うちわであおぐ」(27歳/建設・土木/技術職)

・「風を送るのにやっぱりうちわが便利」(25歳/運輸・倉庫/営業職)

・「うちわ。虫よけにも火をおこすのにも役に立ちます」(27歳/学校・教育関連/専門職)

ベタですが、うちわであおぐのがやはり効果的なようです。夏場は特に風が少ないため、風を送ることで火がおこしやすくなります。

■新聞紙

・「新聞紙を入れると炎が上がります」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「新聞紙。少し火が付いたら火を大きくするのに使う」(33歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「始めに新聞紙につけて炭へ移す」(29歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

こちらも火おこしの定番ともいえるものです。新聞紙は火がつきやすいですが、消えるのも早いため、少し多めに用意しておくのがポイントになります。

男性でもなかなか上手につけることができない火おこしですが、そんなときに火おこしの手伝いになるグッズを持参していると、なかなか気の利いた女性と思われちゃうかも。最近では夏になると100均でも販売していますので、アウトドアに行く前に用意しておくことをおススメします。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年5月にWebアンケート。有効回答数201件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]