お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

【ご当地グルメ】岐阜のソウルフード! 4位「美濃賀茂やきそば」、3位「地酒ソフトクリーム」、1位は?

大きな山々と雄大な川がある岐阜県。「飛山濃水」という言葉があるほど、岐阜県は豊かな自然に恵まれた地域です。もちろん農産物も盛んに作られています。そんな岐阜県のソウルフードといえば何? 働く女性に聞いてみました。

Q.「コレを食べたら岐阜県民!」と思う岐阜のソウルフードといえば何ですか?

1位「鶏ちゃん」18.3%
1位「奥美濃カレー」18.3%
3位「地酒ソフトクリーム」17.8%
4位「美濃加茂やきそば」13.4%
5位「漬物ステーキ」11.9%
6位「まるっぽみかん」10.4%
7位「なまずの蒲焼」8.9%
8位「各務原キムチ鍋」8.4%
※9位以下省略。複数回答可

■タレと肉の味がクセになる! 「鶏ちゃん」

・「鶏ちゃん。居酒屋でも最近見るようになった」(25歳/運輸・倉庫/営業職)

・「テレビで、地元の人はみな鶏ちゃんが好きだと言っていたから」(25歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「郡上へ行くと鶏ちゃんコーナーがたくさんあるから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

ジンギスカンをヒントに作られたという「鶏ちゃん」。鶏ちゃんは、タレにつけこんだ鶏肉を、野菜と一緒に焼いて食べる料理です。岐阜では自家製鶏ちゃんのタレを「家宝」として、大切にしているご家庭もあるほど。家庭にしっかり根づいているソウルフードです。

■カレーに味噌! 「奥美濃カレー」

・「奥美濃カレー。道の駅によくある」(25歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「奥美濃カレー。以前お店で奥美濃カレーというパッケージを見たことがある」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「奥美濃カレー。名前が岐阜を表しているから」(31歳/情報・IT/技術職)

郡上味噌と、奥美濃のお野菜やお肉を使ったカレーが「奥美濃カレー」。また形もいろいろで、普通のカレーライスのようなものもあれば、石焼きでカレーを焼いて食べるものも!? レトルトは岐阜のお土産としても有名です。

■ほのかに日本酒が香る「地酒ソフトクリーム」

・「地酒ソフトクリーム。地元ユーザーが多い」(25歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

・「地酒ソフトクリーム。お酒=水と米は土地を感じる食べ物なので、さらにアイスクリームは身近なイメージなので地元感があって県民! と思う」(30歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「地酒ソフトクリーム。岐阜はおいしい日本酒がありそうだから」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

ほんのり日本酒が香る、大人な味のソフトクリームです。お酒好きな人にはたまらないかもしれません。また岐阜には古い酒蔵もたくさんあります。

■ソースはあとがけの「美濃加茂やきそば」

・「岐阜の友だちがこれをやたら押していたから」(26歳/ソフトウェア/技術職)

・「美濃加茂やきそば。やっぱり地名が入っていると土地の人の思いが込められている」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

・「美濃加茂やきそば。B級グルメで食べていそう」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)

塩・こしょうで味つけした中太麺に、千切りキャベツと鶏肉をあわせ、あとからソースをかけて食べる「美濃加茂やきそば」。ソースあり、ソースなしの二度味が楽しめて、飽きずに食べられる焼きそばです。

■ユニークすぎる「漬物ステーキ」

・「漬物ステーキだけはほかの県民に理解できないと思う」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「漬物ステーキ。ほかにはないってくらい珍しさがあるから」(26歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

漬物がジュージューと焼かれ、熱々の状態でおかずとして出てくる「漬物ステーキ」。これを思い出して、食べたくてたまらなくなるなら岐阜県民。漬物をステーキにするなんて、ほかの県にはないユニークな発想です。

岐阜県の豊かな土地で作られる素材を、思う存分堪能できるのが岐阜県のソウルフード。地元の人たちの思いがこもり、豊かな味が楽しめるものばかりです。岐阜県を訪れた際は、ぜひこれらのソウルフードを味わってみて!

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年5〜6月にWebアンケート。有効回答数202件(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]