お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

「もうだめ」「ダメだ」のネガティブ系つぶやきは2~4時台に多いーヤフー調査結果

「疲れた」の時間帯別ツイート割合(2014年2月:各日の「疲れた」の時間帯別ツイート割合を1ヶ月分プロット)

「Yahoo! JAPANビッグデータレポート」チームは、TwitterやFacebookに投稿された記事を検索できる「Yahoo!検索(リアルタイム)」の元データとなるTwitterに投稿されたツイート文(つぶやき)を、24時間の軸で解析。各時間帯につぶやかれる言葉から感情の推移を調べ、その結果を公表した。

【Twitterで最も影響力を持つのはローマ法王】

ある1ヵ月間のツイート数の24時間推移を調べたところ、ツイート数は早朝5時台が最も少なく、昼の12時台に一旦のピークを迎え、その後夜に向けて再び上昇し、22時台を頂点とするサイクルが見られた。また、日本人が最も疲れている時間を割り出すため、「疲れた」を含むツイート数の24時間推移と、さらに各時間帯での「疲れた」を含むツイートの割合をみたところ17時台が多く、体の疲労がたまっているであろう時間帯がピークとなった。

また、1日の各時間ごとに、ツイート割合が高い傾向にある言葉を調べたところ、意味の分からないものもありながら、朝6時台では「明るい」「眠い」「健康的」などが上位にランクインするなど、予想通りの言葉も多く並んだ。

時間帯別の気分ワード TOP5(早朝~昼前・正午~夕方)

時間帯別の気分ワード TOP5(夜~夜中・深夜~未明)

さらに、「感覚」や「気分」に関するワードを選び推移を調べたところ、「もうだめ」や「ダメだ」などのネガティブ系ワードは2~4時台に多い傾向だった。9時台には「緊張」が多く、就寝時間帯はリラックスしている様子もデータからは見受けられた。「臭い」に関しては時間帯によって対象が変化するようだが、8時台は比率が高く、主に通勤電車での内容だった。一方、「楽しく」「頑張ろう」などのポジティブなワードは朝が多い傾向にあった。また、23時台や0時台は「(笑)」「ありがとう」「だいすき」なども多く、深夜2時台になると「エロい」といったワードがピークとなった。

プライベート系ワードの発生推移

お役立ち情報[PR]