お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

1袋に40%の海老を使用「大海老と小海老ミンチの味わいカレー」新発売

「大海老と小海老ミンチの味わいカレー」1,000円(税抜)

株式会社志満秀は、大海老と小海老のミンチ使用の「大海老と小海老ミンチの味わいカレー」を発売開始した。

【カレーは夕食にファミレスで食べたい! お家カレーは少数派?】

「大海老と小海老ミンチの味わいカレー」は、1960年初頭に「えびせんべい」を開発以来、えびせんべいを手がける同社が『これまでには無いような、本物の海老カレーと言える商品』を目指して開発したものだという。

一袋に使用する海老の量が40%になるという同商品は、大海老は大きなサイズのものだけを一袋につき4尾、ルーに炊き込まれる小海老は、頭と殻を取り除いたむき身にして粗引きにミンチされたものを使用しているとのこと。

また、海老のうまみを引き出すように調整されたというオリジナルブレンドのスパイスを使用した”ルー”は、国産玉ねぎを全体の18%配合しながらトマトの酸味を利かせたという。

価格は一袋200g入りで1,000円(税抜)。

お役立ち情報[PR]