お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

中央アルプス系深層水でつくるふわっふわかき氷が新登場―パンケーキ&スープカフェのelk(エルク)

かき氷「マンゴー」

サクラブルーコーポレーションが大阪、京都、名古屋で展開するパンケーキ&スープカフェのelk(エルク)は、夏の新商品として中央アルプス系深層水の天然氷を削ってつくるふわふわかき氷の販売を開始した。また、夏季限定のマンゴーフェアも開催する。

【かき氷で一番好きな味 1位「いちご」2位「ブルーハワイ」】

かき氷には、中央アルプス系深層水の天然氷と、こだわりの手作り特製ソースを使用。フレーバーは「マンゴー」「ストロベリー」「ティラミス」「抹茶」の4種類。ふわっと口溶け柔らかな氷に、贅沢に盛りつけられた果実とトロトロの手作りソースが絡みあい絶妙な食感と味わいになっている。

販売は大阪心斎橋本店と京都三条店のみ。各880円。

また、マンゴーフェアとして、昨年につづき「宮崎&宮古島産のマンゴーをたっぷり使ったフレッシュマンゴーのパンケーキ」の販売をスタート。マンゴーには、宮古島の農園から直送される糖度13度以上で、かつ自然落下したものだけを用いている。

京都三条店、名古屋店ではマンゴージュース、マンゴーラッシーもあわせて発売される。全店7月初旬からのスタートで、今夏のマンゴーがなくなり次第終了となる。1日10食限定。

かき氷「ストロベリー」

かき氷「ティラミス」

かき氷「抹茶」

フレッシュマンゴーのパンケーキ(1,580円)

とろぉ~りマンゴージュース&マンゴーラッシー(各750円)

お役立ち情報[PR]