お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

【お悩みガールズ白書】「告白されていないのに付き合う」、これってアリ?

TBSラジオにて放送中のラジオ番組『ジェーン・スー 相談は踊る』。未婚のプロであるジェーン・スーが、恋バナから人生相談まで、さまざまなお悩みをスパッと解消!

未婚のプロ、ジェーン・スーが毎週さまざまなお悩みをズバッと解決する、TBS系ラジオ「相談は踊る」。同番組では、マイナビウーマンとのコラボ企画「お悩みガールズ白書」を実施中。今回は、2014年5月24日(土)に放送された、「お悩みガールズ白書」の内容をご紹介。ゲストは、音楽ジャーナリスト・高橋芳朗さん。2人のトークで、恋愛における男性の特性(!?)が見えた今回のお悩みとは?

◆今回のお悩み

友人の紹介で出会った男性と何回かデートを重ねています。でも、まだ告白されていません。こんな状態で付き合うのってアリなんでしょうか?(27歳/愛知県/学校・教育関連)

 

そこで、このお悩みに関して、22歳~39歳の社会人男性にこんな質問をしてみました。

Q.あなたは女性と付き合うとき、自分から告白しますか?
告白する……73.4%
告白しない……26.6%
※マイナビウーマン調べ。2014年5月にWebアンケート。有効回答数128件(22歳~39歳の社会人男性)。

「告白する」のほうが多い結果に! これを見て、ジェーン・スーが出した回答とは?

ジェーン・スー(写真左)とゲストの高橋芳朗さん


◆男性は自分が獲得したものを大事にする!?

ジェーン・スー(以下:ジェーン):高橋さんは、告白する派ですか? しない派ですか?

高橋芳朗(以下:高橋):僕は、今まで付き合った女性は、全部自分から告白していますね。

ジェーン:おー! その心は?

高橋:やっぱり、自分が好きになった人じゃないと付き合えないというか……。

ジェーン:でしょ? それなんだよね! だって高橋さんは、告白されて付き合ったことはないってことでしょ?

高橋:ないです。

ジェーン:でも、告白されたことはある。その告白を断っているわけでしょ?

高橋:はい。

ジェーン:あー、出た出た。自分が獲得したものじゃないと、大事にしないっていうパターン(男性って)自分から狩りにいった子じゃないと大事にしないんでしょ!?

高橋:(笑)! いやいや、そんなふうに言わないでくださいよ。そんなことないです。

ジェーン:高橋さん、目を合わせて言ってください!(笑)

◆女からは告白しないほうがベター

高橋:スーさんは、告白するタイプですか?

ジェーン:ワタクシですか? ワタクシは学びました。自分から突っ込んでいっても、いいことがないと……。あの方たち(男性)は、自分から告白したいんだなって、長年かけて学んだんですよ……。少なくとも、私がお付き合いをした男性に関しては、女性側が言うより男性側から言うほうがお好きなんだな、ということを少ない経験から感じましたので、私からは言いません。

高橋:じゃあ、言いやすいムードを作ったりとか?

ジェーン:それはね、多少あるよね。あと、大体30歳くらいからなんとなくわかるじゃないですか。うまくいきそうか、いかなさそうかって。20代のときはまったく脈がなさそうな人に告白してみようとか、追いかけてみようとか猪突猛進な部分もありましたけれど。30歳すぎると「この人とは会話のラリー続くなー」みたいな、いい感じかどうかが。

高橋:まあね。

ジェーン:私、1回あったんだよね。「これ多分付き合うんだろうな」ってときに、相手から告白をしてこなかったので、「じゃあ、自分から告白しちゃおう。多分大丈夫だし」みたいな感じで「あのー!」とか言ったら、「待って、俺から言うから!」って言われて。ここまで(女から告白するのを)止めるんだったら、もう絶対今後私から言わないほうがいいな、と思って。

高橋:そんなことあるんだ。

ジェーン:ありましたね。結局、別れましたけど。

高橋:(笑)。

次ページ:「付き合っているかどうか」問題を、ジェーン・スーがズバッと斬る!

お役立ち情報[PR]