お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド雑学 生活

100年後も生き残ると思う日本企業ー「トヨタ自動車」「本田技研工業(ホンダ)」「日産自動車」が上位3位を独占

「100年後も生き残ると思う日本企業」

与信管理ASPクラウドサービスを提供するリスクモンスター株式会社は、「100年後も生き残ると思う日本企業」調査結果を発表した。調査は2014年3月25日、全国の20歳~59歳の有職者男女と60歳~69歳の男女を対象にインターネットにて実施。対象企業となったのは年間売上2,500億円以上、従業員数5,000人以上という条件にて抽出された200の企業。

【「マック」「吉野屋」「スタバ」…企業テナントが入ってる大学】

調査の結果、「100年後も生き残ると思う日本企業」の1位となったのは回答率45.9%を集めた「トヨタ自動車」。次いで「本田技研工業(ホンダ)」(回答率22.7%)、「日産自動車」(同18.0%)となり、自動車製造業が上位3位を独占した。

それ以降は、「パナソニック」(同15.3%)、「東日本旅客鉄道(JR東日本)」(同14.9%)、「日立製作所」(同14.2%)、「東海旅客鉄道(JR東海)」(同13.9%)と続き、トップ20のうち15社が製造業という結果となった。製造業以外では鉄道業3社(「東日本旅客鉄道(JR東日本)」、「東海旅客鉄道(JR東海)」、「西日本旅客鉄道(JR西日本)」)と、運送業2社(ヤマト運輸、全日本空輸(ANA))がランクイン。

理由としては、「トヨタ自動車」では『世界的なシェアを有している』『国内では随一の規模』という評価が目立ち、2位の「本田技研工業(ホンダ)」では『技術力が高い』『未来を見据えた開発を行っている』などのコメントが寄せられた。

「100年後も生き残ると思う日本企業」として重視するイメージとしては「技術力」が回答率45.6%となりトップに。以降、「製品・商品の品質」(回答率36.1%)、「ニーズ」(回答率28.7%)と続いた。

「100年後も生き残ると思う日本企業/重視するイメージ」

また、ランキング上位20社の創業年数の調査によると、平均業歴は86.5年となった。同20社の純資産額および自己資本比率と、上場会社における純資産額の上位20社と比較すると、ランキング上位企業のうち上場会社の上位にランクインしたのは「トヨタ自動車」、「本田技研工業(ホンダ)」、「日産自動車」、「日立製作所」、「キヤノン」、「ソニー」の6社のみだった。

「100年後も生き残ると思う日本企業/創業年数・自己資本比率」

「100年後も生き残ると思う日本企業/上場会社純資産額ランキング上位20(2014年)」

お役立ち情報[PR]