お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音雑学 節約・貯金

30代の貯金額の平均と格差

給料からの天引きなどで、計画的に貯蓄している30代女性は少なくないようですが、現在の貯蓄額はどのくらいなのでしょう。あまり人に話すことのない貯蓄額とその目的について、30代女性にアンケートを採ってみました。

Q.現在の貯蓄額を教えてください。

100万円未満 16.6%
100万円以上200万円未満 13.2%
200万円以上300万円未満 6.6%
300万円以上400万円未満 15.9%
400万円以上500万円未満 4.6%
500万円以上600万円未満 11.3%
600万円以上700万円未満 4.6%
700万円以上800万円未満 1.3%
800万円以上900万円未満 4.6%
900万円以上1,000万円未満 1.3%
1,000万円以上 20%

貯蓄額にはかなりばらつきがありますが、400万円未満という人が過半数ですね。では、次にそれぞれの貯蓄額と貯蓄の目的を聞いてみましょう。

■将来を見据えて

・「300万円。マイホームの購入資金」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「800万円。結婚資金と老後のため」(34歳/自動車関連/秘書・アシスタント職)

・「2,000万円。老後、病気などの備え」(34歳/小売店/クリエイティブ職)

30代でマイホームを購入するために貯蓄をするという人も少なくないようですね。また、老後を見据えて貯金をするケースも多く見られました。働ける間にできるだけ貯蓄をしておくというのは、今後の生活を考えると得策かも。

■趣味のために貯めてます!

・「400万円。旅行・ライブのため」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「600万円。高級なブランドバックや時計を買ったり、旅行に行くためのもの。もちろん将来の備えも考慮して貯蓄している」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「500万円。ほしいジュエリーやブランドのバッグや海外旅行に使います」(30歳/その他/その他)

将来的なことを考えると貯蓄は多いに越したことはありませんが、30代は趣味や買い物、旅行も楽しみたい! 使い道を決めて、目標に向かって貯めるのも堅実な一つの方法です。

■夢の実現に向けて貯めています!

・「50万円。将来の資格取得のための費用」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「2,500万円。独立開業のため」(30歳/学校・教育関連/技術職)

夢を実現させるためにも貯蓄は必要です。大切に貯めていったお金は、夢の実現にきっと大きく役立つはずです。

■目的というよりは万が一の備えとして

・「100万円。今後の急な出費のため」(31歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「500万円。何のためでもない。何かあったときのため」(35歳/自動車関連/事務系専門職)

・「670万円。いざという時のため」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

万が一に備えて、たとえ目的がなくても一度貯蓄をはじめると習慣になるので、大きな金額もためやすくなりますね。

■家族・子どものため

・「200万円。子どもがいるので子どものためと家のローンなどの費用」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「350万円。子どもの将来のため」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

お子さんがいる家庭では教育費などもかさむので貯蓄額の変動も大きくなる時期かもしれません。貯蓄を大きく減らすことのないように節約にも工夫が必要になってきますね。

■まとめ

今回のアンケートでは、30代女性の貯蓄額には大きなばらつきがあるという結果に。20代からの積み重ねが貯蓄額に表れているということでしょうか。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年6月にwebアンケート。有効回答数104件(30~39歳の女性)

お役立ち情報[PR]