お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

意外と知らない知識「理学療法士と作業療法士の違い」

理学療法士は、腕の曲げ伸ばしや寝返り、起き上がるなど、基本的な運動機能の回復をサポートします。スポーツリハビリなどでも活躍し、運動療法や電気療法、温熱療法などを用いるのが特徴です。

【英語系が人気! 働く女子に聞く「受験経験のある資格試験・検定」ランキング】

作業療法士はその名の通り、陶芸や手芸などの趣味性の高いものや、歯磨きなどの日常的な作業を通して、日常生活に必要な動作を回復するための訓練を行います。身体的な面だけでなく、精神面のリハビリにも携わるのが特徴です。

(OFFICE-SANGA)

お役立ち情報[PR]