お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド グルメ全般

重さは堂々2kg超え!?千葉県野田市「やよい食堂」でデカ盛りカレーの大海原へとこぎ出せ!

こぢんまりとした一軒家

醤油の街で知られる千葉県野田市の大衆食堂「やよい食堂」は、開業は1926年という老舗である。こぢんまりとした店構えだが、遠くからもファンが訪れるそう。

【名古屋の隠れ名物「カレーうどん」専門店『かまう』―新メニュー「カレーうどん チーズ党」販売開始】

そのお目当ては、普通盛りでも十分すぎる量のある料理の数々だ。定食も丼ものも麺類もチャーハンも、がっつりと食べることができる。それでいて旨い! ということで、男女問わず何度も訪れる常連さんが多いのだ。値段も1品600~700円前後でとってもリーズナブル。

そんな噂を聞きつけ、最近「東武アーバンパークライン」という愛称で親しまれるようになった東武野田線に乗り愛宕駅へ。静かな住宅街が続くその一角に「やよい食堂」はあった。

■大正から続く大衆食堂の人気メニュー

店内は約50席。テーブル席や座敷席があり意外と広い。そして結構な人で賑わっている。壁には有名人のサインやメニューが掲げられていた。

大衆食堂としては珍しく女性客も多い。女子のおひとりさまでも浮くことがないので、ほっと安心。昔懐かしい雰囲気にも和まされる。

水を一口飲んで表を歩いてきた暑さをしのいだ後、お目当てのカレーライスの大盛り(610円)を注文する。ちなみに、大盛りは普通盛りにプラス50円でOK(定食の大盛りは+80円)。

■野菜の旨みがたっぷり溶け込んだやさしい味のルー

いざカレーが運ばれてきてびっくり。なぜかカレーが2段組みのようになり、まるで皿が宙に浮いているように見えるのだ、よくよく見て納得。皿だけではカレーが流れ出してしまうので、本来のカレー用皿の下に大きな受け皿がついているのだ。

こんなの初めて!

スプーンで持ち上げているのではなく、皿が隠れているのだ

なみなみと注がれた日本酒がテーブルにこぼれないように、コップが枡に入っているのがあるが、あれのカレーバージョンだ。その様はまさに、流れ出る活火山の溶岩のよう。

円盤が浮いているようにも見える

さて、ひと口目を食べて見る。とろっとしたルーは甘めで懐かしい感じ。野菜はトロトロに溶けていてコクがある。そのルーをすくい、ご飯と共に食べればちょうどよいハーモニー。時々、下の受け皿にあふれたカレーもすくって食べる。

たっぷりのルーに大満足だ。

ところで福神漬けが見えないけど……と思ったら、それもルーの中から出てきた。すごいぞ! このカレーの大海原! 海図を持たずに大航海に漕ぎ出している気分です。

正直、途中からお腹はきつかった。でも、食べきれない量ではない。ひたすら集中して食べているうちに、30分弱でどうにか完食。

メニューはほかにもバラエティ豊かなので、腹ペコの時にはぜひお立ち寄りを。

《やよい食堂》
住所 千葉県野田市中野台351
営業時間 10:30~15:00(LO14:30)、17:00~19:00(LO18:30)
定休日 金曜
東武野田線愛宕駅から徒歩16分

(OFFICE-SANGA 平野凛)

お役立ち情報[PR]