お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ほめられ手みやげ

料理が苦手でも、彼女に手料理を作ってもらいたい男性は57.9%! 「がんばるところに愛情を感じる」

何度かお泊まりデートを繰り返していると、「そろそろ手料理を作ってくれないかな……」という空気が彼氏から漂ってきたりします。しかし、料理の腕に自信がないと、こんな空気がプレッシャーになることも。料理が苦手な彼女でも、男性は料理を作ってほしいと思うのでしょうか? 社会人男性に聞いてみました。

Q.料理が苦手な彼女でも、料理は作ってもらいたいと思いますか? 下手に作らないほうがましですか?

「料理が苦手でも、彼女に作ってほしい」57.9%
「彼女にまずい料理を出されるよりは、作らないでほしい」42.1%

<作ってほしい派>

苦手だからこそ、数をこなしてうまくなってほしい

・「手料理が食べたいし、数をこなすことでうまくなると思うから」(30歳/商社・卸/営業職)

・「少しずつうまくなっていけばよいと思うので、苦手でも作ってもらいたい」(34歳/情報・IT/技術職)

・「料理なんて、そんなに難しいものではないからすぐにうまくなる」(34歳/建設・土木/技術職)

料理が苦手なのは最初のうちだけ。だからこそ、苦手でも数をこなしてうまくなってほしいと思う男性もいる様子。こんな彼氏なら、料理が下手でも「がんばって作ろう」という気になれそうですね。

下手でもいい、「作ってくれること」がうれしい

・「一生懸命がんばってくれるところに愛情を感じるから」(31歳/小売店/事務系専門職)

・「自分のために作ってくれること自体がうれしいから」(35歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「彼女の心がこもった料理を食べたいからです」(36歳/自動車関連/営業職)

自分の料理が下手だと、彼氏に食べてもらうのが申し訳なくて、いたたまれない気持ちになりがち。でも男性の中には、「作ってくれたこと、そのこと自体がうれしい」と感じる人もいるようです。

<作らないでほしい派>

まずい料理を、うまいとは言えない……

・「味が微妙だと自分の表情が出てしまうため、傷つくと思うから作らなくてよい」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「まずいものを無理してうまいって食うのは無理」(26歳/通信/技術職)

・「まずい料理なら、一生懸命作ってもらっても食べることができないから」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

性格が素直な男性や、嘘がつけない正直な男性の場合、まずい料理を出すとボロが出てしまう可能性が。彼女を傷つけるくらいなら、料理なんて出さなくていいと考える人もいます。

彼女ができないなら自分が作る!

・「ひとり暮らしの経験もあり、自分が食べる分だけなら何とかしてしまえるので」(34歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「自分で料理ができるので、ちょっと手伝ってもらうだけでいい」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

「自分が作るから、作らなくていい」と考える男性もいます。なんとありがたいこと……とちょっと喜んでしまいそうですが、「女として、立つ瀬ナシ」な立場に追い込まれるかも!?

「料理が苦手でも、作ってほしい」と思う男性のほうが多いとはいえ、「苦手なら作らなくていい」と考える男性も、少なからずいる様子。ただ、2人の仲をより深めるためにも、たとえ料理が苦手でも少しずつうまくなりたいものですね。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2014年4月にWebアンケート。有効回答数114件。22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]