お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

寝る時にブラをつける理由→日本人「安心感」イタリア人「魅力的に見せるため」 と調査結果

ブラジャーのカップサイズ

トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社では、2008年にトリンプ・インターナショナルで実施した18歳以上の国内外の女性1000人を対象にしたグローバル調査にて、女性たちの下着に対する意識調査の結果を主に日欧比較して発表した。調査期間は2008年7月9日~8月20日。

【夏本番目前! 独女が気をつけたい夏用下着】

ブラジャーのカップサイズは、日本・フランス・ドイツ・イタリアともにBカップが一番多く、大差はなかった。 一方で、ブラジャーのアンダーサイズを比較すると、日本で最も多いのは75cm。フランス、ドイツ、イタリアはいずれも40~50%近くが85cmと回答。アンダーサイズはヨーロッパ各国の方が10cm以上大きいことがわかった。

ブラジャーのアンダーサイズ

続いて、自分のバストのサイズや形への満足度は、日本は過半数が「不満」と答え、フランス、ドイツ、イタリアは7割前後が「満足」と回答。日本女性に対して、ヨーロッパの女性たちの満足度は高かった。

バストに対する満足度

また、1人あたりのブラジャーの所有枚数は、日本が5~6枚、フランス、ドイツ、イタリアはいずれも9~10枚という回答が最も多く、平均でも、日本は8.6枚、フランス、ドイツ、イタリアがはいずれも10枚前後で、日本女性の平均所有枚数は、ヨーロッパの女性より2枚ほど少ない。

1人あたりのブラジャーの所有枚数

さらに、日常生活での下着に対する意識について聞いたところ、日本とイタリアが4人に1人は寝る時にブラジャーを着用すると答えたが、理由を聞いてみると、日本は「安心感」、イタリアは「魅力的に見せるため」 と、それぞれ目的が異なることがわかった。

また、朝起きてブラジャーを選ぶ時の基準を聞いたところ、日本では62%が「手に届いたものをあまり意識せずに着用」しているのに対し、フランス、ドイツ、イタリアでは、76%の人が「その日の服装にあったものを意識して選ぶ」と回答している。

お役立ち情報[PR]