お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

男性がコッソリ暴露。アラサー女性が着ていたらイタイ服装・6選

学生や若手社会人のような格好は卒業したけれど、まだまだ現役! そんなアラサー女性が一度はぶち当たる壁が、クローゼットの中身の再点検です。だって、「アラサーなのにその服?」なんて男性にドン引きされたらイヤですから! そこで今回は、男性が思う「アラサー女性が着ていたらイタイ服装」をズバリ聞きました。

■体のラインが出る服

・「バブル世代のボディコン洋服」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「ピチピチTシャツ」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ミニスカート。肌の露出はアカン」(26歳/小売店/販売職・サービス系)

実際に似合っているかはどうであれ、「体のラインが強調される服を着ているアラサー女性」というイメージに苦手意識を抱いている男性は多いよう。

■若者向けアイテム

・「キャラクターが書いてあるやつ」(25歳/情報・IT/技術職)

・「若作りファッション。10代の子が好むようなデザインの服」(36歳/人材派遣・人材紹介/経営・コンサルタント系)

・「ゴスロリ系のファッションのコーディネートはキツイ」(31歳/機械・精密機器/技術職)

そう言われたって、好きなものは好き。そんな場合は、露出を控えたり、ワンポイントにとどめるなど、年相応にコーディネートする工夫が必要なのかもしれません。

アラサーともなれば、今まで積み重ねた「好み」のテイストが確立してくる時期。TPOや集まるメンバーに応じて、自分らしさと「年相応」のバランスがとれたコーディネートをつくるすべを身につけて、“らしさ”と“好印象”のいいとこ取りを狙っていきましょう!

※マイナビウーマン調べ(2013年7月にWebアンケート。有効回答数 男性209件)

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]