お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

【埼玉限定】気温が高いのは、キティちゃんのせいかも……!? 太陽コロナをまとったキティちゃん

全国のお土産物売り場で、すでにご当地名物として定着しつつあるご当地キティ。そんなご当地キティを47都道府県別に、ご紹介していきます。今回は埼玉県限定の「気温が高いのは、キティちゃんのせいかも……!? 太陽コロナをまとった」キティちゃんのご紹介です。

夏になるとテレビなどで「日本で一番暑い街は?」なんてコーナーがよく流れますが、そんなコーナーでよく紹介されているのが、埼玉県の熊谷市です。

熊谷市は2007年8月に40.9度を記録し、日本観測史上の最高気温となっていました。しかし、残念ながら2013年8月、高知県四万十市がさらにその上を行く41度という気温をたたきだし、埼玉・熊谷市は日本一ではなくなってしまいました。が、現在の記録はどうであれ、熊谷市がかなり暑い街であることに変わりはありません。

そんな埼玉県熊谷市をイメージして、キティちゃんも太陽のコロナを身にまとい、30度越えで気温測定不可能となった温度計を抱えています。

ただし気温のせいというよりも、太陽をまとったキティちゃんがいるので、温度計が測定不能状態なのでは……という気もしますが。

ちなみに熊谷市のマスコット・キャラクターは「ニャオざね」という猫のゆるキャラです。

この「ニャオざね」、猫なだけにキティちゃんとは仲良しらしく、キティちゃんとのコラボ・グッズなんかも展開しています。

あったかいところが好きな猫のこと。

自然とあったかい熊谷市に、猫キャラも集まってしまうのかも……(!?)しれませんね。

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]