お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

お酒にまつわる“やっちゃった”失敗談5選「気になる人の前でリバース」「朝起きたら血まみれ」

日常のふとしたことや、普段はなかなか聞けないちょっとディープな恋愛観など、イマドキ女子の「みんなはどうなの?」という疑問を2択アンケートで調査しちゃいます!

「お酒は飲んでも飲まれるな」とよく言われますが、お酒の席での失敗はつきもの。ふだん飲まない人ほどやってしまいがちだったりしますよね。今回は、お酒の席での失敗談について、働く女子に聞いてみました。

Q.あなたは、お酒にまつわる「やっちゃった~」という失敗経験はありますか?
ある……42.9%
ない……57.1%

■ズバリ、飲みすぎ
・「合コンではりきってサワーを10杯連続で飲んだら、二日酔いになり会社を休んでしまった」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「ワインをチャンポンして、トイレから出られなくなった」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「マッコリを乳酸飲料だと思ってグイグイ飲み、ものすごく目がまわり、もどし続けた。もともとそんなにお酒が飲めないのに、飲んでしまったせいだと思います」(30歳/その他/事務系専門職)

カクテルなど、甘くてジュースのような口当たりでもお酒はお酒。ついつい飲みすぎて失敗してしまうようです……。

■終電を逃す
・「帰りの電車で気持ち悪くなって途中下車した」(30歳/情報・IT/技術職)
・「終電を逃し家に帰れず、一泊2万円のホテルに泊まる羽目になった」(32歳/その他)
・「気持ち悪くなって電車に乗れず、終電を逃した。結局マンガ喫茶で休んで帰りました」(31歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

飲み会の席は楽しくて時間を忘れてしまいがち。さらにお酒が入ってしまい、思うように動けず終電を逃す人はけっこう多いようです。帰るためにタクシーを使ったり、どこかで泊まったりしなければいけないので、お財布的にも痛い失敗ですね。

■好きな人・恋人の前で吐く
・「彼氏の実家の前でつぶれた」(25歳/運輸・倉庫/営業職)
・「二股をかけられていた彼と飲んでいたとき、その日飲みすぎて、思いきりその人の手の中で吐いてしまった。今思えば、『ざまあみろ』ですが!」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)
・「いいな、と思っていた人の前でもどしてしまった」(33歳/その他)

人前で吐くのは、ただでさえ恥ずかしいのに、よりにもよって意中の男性の前で、というのは辛すぎます。

■人に迷惑をかけた
・「酔っぱらって、駅前で座ってゴロゴロしてた。かなり迷惑だったと思う」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)
・「日本酒の試飲会に参加し、つぶれた。駅前のトイレからしばらく出てこられず、友人を引きとめてしまった。ごめんなさい」(25歳/医薬品・化粧品/技術職)
・「飲みすぎてアルコール依存症になり、運ばれた」(28歳/情報・IT/技術職)

自分の意思で動けるくらいの酔い方ならいいかもしれませんが、その場から動けなくなったりするぐらいまで飲むのは、避けたいですね。

■記憶を失い……
・「友人は酔っぱらって帰ったら、猫を拾ってきていたらしい。記憶はないとのこと」(28歳/その他)
・「朝起きたら、知らない人と一緒に寝ていた。携帯がなくなっていて、友だちに頼んで最後に行ったカラオケ店に問い合わせたら警察に届いていた」(24歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「朝起きたら血まみれだった」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

お酒を飲みすぎて記憶を失い、翌朝とんでもないことになっている人も。

お酒にまつわる失敗経験がある人は、全体の約4割という結果となりました。シンプルに体調が悪くなったり、思いもよらない行動をとっていたりと、さまざまな失敗経験が寄せられました。お酒を飲むと楽しい気分になりますが、あとで痛い目にあわないためにも、やはり「ほどほど」が大事ですね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数224件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]