お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

再会愛は本当にあった!? アラサー独女は、同窓会でひそかに出会いを期待している?

恋も仕事も人間関係も……それなりにいろいろな経験を積んできたけれど、おひとり様ってちょっと複雑!? 未婚のアラサー女子ならではの心境をセキララにつづります!

懐かしい顔ぶれがそろう同窓会。学生時代の友だちと久しぶりに会うのは、とても楽しいひとときです。中には当時とは全然イメージが変わってしまっている人もいて、ちょっとドキドキしたりはしませんか? 26歳から34歳までの独身女性に、そんな同窓会での出会いについて聞いてみました。

■あまり出会いは期待しない。その理由は?

・「当時、仲のよかった同性の友だちに会う目的で行くから」(28歳/不動産/事務系専門職)

・「今までに何度か同窓会はあるが、やはり友だちとしか見られないから」(29歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

・「友だちという感じであまり恋愛対象と思えない」(31歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

・「既婚者ばかりだから」(30歳/学校・教育関連/技術職)

・「興味がなかった人ばかりだから」(30歳/その他/事務系専門職)

同窓会というと、仲のよかった女性たちで盛り上がる、という人が大半。男性についてはタイプの人がいなかったり、既婚者が多かったり、と消極的な意見が多く聞かれました。お互いに昔のことを知りすぎている、というのもネックになっているようです。

■大いに期待している! もしかしたら、もしかするかも?

・「大人になれば、みんなの性格や考え方も変わるから、新たな出会いと考える」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「昔、イケていなかった子が大きく変わっていることもあるから」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「出会いはどこに転がっているかわからないから」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「お互いに少しはどんな人か知っているので、恋に発展しそうな気がする」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

一方でもしかしたら、いい出会いがあるかも? と期待する声も。昔知っていた人がガラッと変わっているかもしれない、という期待感も膨らみます。共通の話題があることも、プラス材料として考えているようです。

■“再会愛”は本当にあった!

・「友だちは元彼とまた付き合いだした」(27歳/電機/技術職)

・「友だちは同窓会で結婚しました。学生の当時はまったく話したことなかった人だったみたいで、不思議だと言ってました」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

・「友人が20歳のときの同窓会で再会したクラスメートと結婚して、今子どもがいる。実際にそういう恋の話もあるもんだなと感じた」(30歳/学校・教育関連/営業職)

実際に身近な友だちで、同窓会で再会して恋仲になった! という話も。本当にこんな話があるなんて! そう思うと、同窓会での新たな出会いも、少し期待してしまいそうです。

同窓会は、女友だちと久しぶりに盛り上がる、と割り切って出かける人が多い中、身近で“再会愛”の話を聞いたことがある人は、やっぱり出会いを期待しているようでした。年月の流れは、人を大きく変えてしまう力を持っています。もしかしたら、こんな身近なところに出会いが転がっているのかもしれませんね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年3月にWebアンケート。有効回答数206件(26歳〜34歳。未婚の働く女性)

お役立ち情報[PR]