お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 妄想タイム

【もしも】今の体型でひとつだけ変えられるなら……「おなか:ビキニを着て海に行きたい」

おなかみなさんの中には、自分の体形にコンプレックスを持っている方も多いことと思います。「もし魔法でなんとかできたら……」なんて妄想を楽しんだことはありませんか? 女性読者のみなさんに、今の体形をひとつだけすぐに変えることができるならどこを変えたいかを聞いてみました。結果をランキングで紹介します!

Q.今の体型がひとつだけすぐに変えることが出来るなら、どこを変えたいですか?

第1位「おなか」……31.9%
第2位「足」……27.5%
第3位「顔のお肉」……19.2%
第4位「お尻」……11.3%
第5位「腕」……2.6%
第6位「背中」……2.2%
※第7位以下省略

僅差となりましたが第1位を獲得したのは「おなか」でした。プニプニポヨンとしたおなかの肉が恨めしい!?

■第1位「おなか」

・「出産を経て、おなかの皮がのびきってだらーんとなっているから」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「制服のウエストがきつくなってきたので」(34歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「ビキニを着て海にいってみたい」(30歳/通信/販売職・サービス系)

およそ3人に1人が選んだのが「おなか」です。女性ならではの切実な訴えも目立ちました。出産後のおなかをきれいにしてもらえるのなら、子どもを産む心理的ハードルも少しは低くなるのかもしれませんね。制服のウエストがはじけないうちに、ぜひお願いします!?

■第2位「足」

・「XO脚で残念なくらい足の形が悪いから。ひどすぎて整体に通っても治らないし、小学生から習っていたバレエも効果ありませんでした」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「すらりと長いきれいな足にしたい」(30歳/医療・福祉/専門職)

「足」はおなかとはちがい、「ぜい肉がなければいい」というわけではないようです。形や長さなど、さまざまな面で「もっとこうだったら……」と思っている女性が多いよう。もしモデル足を手に入れられたら、毎日ミニスカートで出勤したくなりそうです!

■第3位「顔のお肉」

・「顔のお肉が一番痩せにくいと聞くので選びました」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

もっとも目立つ部位ながら、非常に痩せにくいという特徴を持つ「顔のお肉」は、まさに女性の敵! もし小顔になれたとしたら……ファンデーションも節約できるのではないでしょうか。

■第4位「お尻」

・「たるんでいるのでプリッとさせたい」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

人間である以上、引力に逆らうことは非常に難しいものです。年々「座布団」のようにしぼんでいくお尻を見ながら、なんとも言えない哀愁を感じている女性も多いようです。

かなえられるお願いを「ひとつだけ」に絞ることで、自分の本当のコンプレックスを知ることができるのかもしれませんね。理想の体形を妄想できたら、それを脳内に焼き付けてしまいましょう! 努力目標にすることで、もっと美しい自分を目指してみては?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数229件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]