お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

転職理由、3期連続で「ほかにやりたい仕事がある」が1位

2014年上期転職理由ランキング

株式会社インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、2013年10月~2014年3月にDODAに登録した転職希望者のうち、22歳~60歳の男女35,000人を対象に「転職理由についての調査」を実施、結果を公表した。

【転職成功のために!面接前日にしておきたいこと5つ】

2014年上期の転職理由は、前回比プラス0.6ポイントで「ほかにやりたい仕事がある」(13.5%)が1位に。2位は「会社の将来性が不安」(11.2%)、3位に「給与に不満がある」(7.6%)が続いた。「ほかにやりたい仕事がある」においては、2013年上期以来、3期連続で2008年の調査開始以降の最高値を更新。

これに対し、「会社の将来性が不安」については、過去最低となり、1位と2位の差は過去最大となった。

また、5位の「専門知識・技術を習得したい」(5.4%)や、6位の「幅広い経験/知識を積みたい」(4.3%)については増加の傾向にあり、対して9位の「業界の先行きが不安」(2.6%)の回答率は減少した。

転職理由の経年変化

男女別の傾向では、男性は総合ランキングと大きな違いはなかったものの、女性は2位に「残業が多い/休日が少ない」(8.1%)、6位に「女性が働きにくい環境である」(4.3%)がランクイン。一方、女性の転職理由1位の「ほかにやりたい仕事がある」(16.2%)は、回答割合、回答率の上昇幅ともに、男性を上回る結果に。

「市場価値を上げたい」(2.6%)においては、前回14位から9位へとランクアップした。

2014年上期転職理由ランキング(男女別)

業種別の傾向においては、全8業種のうち7業種で「ほかにやりたい仕事がある」が1位に。「メーカー」だけが「会社の将来性が不安」が1位となった。

お役立ち情報[PR]