お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

新入社員が2020年までに身に付けたい力は、「信頼性」、「プレゼン力」、「根回し力」

「6年後の働く自分像」として、最もピンとくるもの

ジェイックは、3月25日から4月5日にかけて、東京、横浜、名古屋、大阪エリアの主に2014年度入社の新入社員516名(166社)を対象に、意識調査を実施した。

【新入社員必見! 先輩女子が教える「見習うべき先輩」の特徴10】

「6年後の働く自分像(単一回答)」について聞いてみると、最も多かったのが「社会貢献できる仕事に就いている」(37%)という回答で、順に「今の会社で出世している」(27%)、「平凡に日常を過ごしている」(13%)、「日本の発展のために働いている」(12%)、「語学レベルを上げて海外で働いている」(7%)、「起業している」(4%)という結果となった。

「6年後までに優先的に身に付けたい力」について聞いたところ、2020年の五輪招致で目立った「プレゼンテーション能力」や「根回し力」が上位にあがり、「周囲から信頼される人間性」(28%)、「人を動かすプレゼンテーション能力」(20%)、「成果をあげるための根回し力」(17%)の順で回答があった。

6年後までに優先的に身に付けたい力

また、「上司からの関わりについて期待すること(3つ選択)」という設問に対しては、「ダメなことはきっちり指摘してほしい」(21%)という回答がダントツで、次いで「どんどん成長させてほしい」(16%)、「指示は具体的に出してほしい」(12%)、「仕事は丁寧に教えてほしい」(9%)と続いた。

会社の上司に期待する関わり方

なお、「6年後も今の会社で働いていると思うか?」という問いに対しては、「強くそう思う」(37%)、「そう思う」(33%)、という結果で、安定志向の回答が7割を占めている。

お役立ち情報[PR]