お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 花嫁の心得

パッチリ二重は必須!? 女性が「絶対に譲れない結婚相手の男性の条件」6選

やさしくて、イケメンで、お金持ちで……。結婚相手の理想は、考え出すとキリがないもの。もしどれかひとつだけを選ぶなら、あなたはどうしますか? そこで今回は、結婚相手に求める「どうしても譲れない条件」を、働く女子に聞いてみました。

■お金に関する条件

・「年収が自分より高いこと」(28歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「借金がないこと。過去の恋愛を振り返ってみると、金の切れ目は縁の切れ目になりがちなので」(31歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「金銭感覚が合う人。家計をともにする上でもっとも重要」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

結婚するということは、2人別々だった財布が、ひとつになるということ。だからこそ、お金のことは一番気になるという人が多数!

■仕事に関する条件

・「正社員として仕事をしている人。先行きが不安なので定職についている人がいい」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「自営業じゃないこと。どう転ぶかわからないので」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「結婚をしたあとも自分が働き続けるのを認めてくれる人」(27歳/生保・損保/販売職・サービス系)

お金にもかかわってくる内容にはなりますが、「安定した仕事」をしている男性がいい、と考えている女子は多数。そのほか、仕事についての条件では「自分が働くこと」についての理解がある男性かどうか、ということを重要視している女子もいました。

■性格に関する条件

・「性格が合うこと。一緒に生活していて、性格が合わないときついから」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

・「束縛されるのが嫌なので、私の趣味や習慣にいちいち文句をつけないこと」(22歳/情報・IT/営業職)

・「思いやりがあれば、大抵の問題は解決できる」(25歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

生涯添い遂げる相手と、性格や価値観が合わないなんて、考えただけでもツラいですよね。結婚生活がうまくいくかどうかを決める大きな要素であることは、まず間ちがいないでしょう。

■嗜好に関する条件

・「タバコを吸わない人。将来の子どものことを考えて」(31歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

「タバコを吸う男性はNG」という意見が多数! 結婚して一緒に暮らすとなると、匂いや煙がどうしても気になってしまいますよね。

■食事に関する条件

・「食べ物の好き嫌いが少ない人。一緒に暮らしていく上では重要です」(29歳/電機/事務系専門職)

・「自分と食の好みが似ているかどうかはすごく大事」(24歳/小売店/販売食・サービス系)

ほぼ毎日一緒に食事をするようになるので、食べ物の好みや好き嫌いは重要になる、と考える女子もいました。

■容姿に関する条件

・「高身長。自分が低いから」(24歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「イケメンであること。子どもに影響するから」(23歳/金融・証券/営業職)

・「二重の家系であること。子どもが生まれたときに男の子でも女の子でも二重のほうがかわいいし、得だから」(28歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

「男は、見た目より中身が大事」なんてよく言いますが、やっぱり容姿も重要な結婚相手への条件のひとつになるみたい。中には、将来の子どものことを考えて、相手の容姿にこだわる女子も。特に、自分の容姿にコンプレックスがある場合、その思いは強くなるようです。

女子によって、結婚相手として「これだけは譲れない!」と思うポイントはやはり異なるようで、さまざまな回答が集まりました。あなたなら、どうしても譲れない条件として、何を挙げますか?

(ファナティック)

※「マイナビウーマン」にて2014年3月にWebアンケート。有効回答数243件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]