お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

どう振る舞うのが正解? 「年下男性」への恋を実らせるコツ・4選

一生懸命な姿がかわいかったり、意外と頼りがいもある……。そんな年下男性を好きになってしまったとき、女性はどう振る舞うのが正解? 今回は、年上女性ならではの魅力を外見・中身からアピールする方法をご紹介します。

■お母さんのような優しさで彼を包み込む

お母さんのような柔らかな雰囲気の女性といると安心するという男性は少なくありません。仕事で疲れているときや落ち込んでいるときに、優しい笑顔で彼のグチを聞いてあげるだけでも効果バツグン。まだまだ人生経験の少ない年下男性はいろいろな面で余裕がないものですが、そういう気持ちを察して見守ってくれる年上の女性は彼にとっても心強い存在になるでしょう。彼の甘えたい願望を十分に満足させることが重要です。

■頼りがいのある姿を見せる

年下男性は、仕事でもプライベートでも先輩である年上女性の頼りがいに憧れを抱きます。自分の仕事をこなすだけでなく周囲の様子を見ながら、自分に求められている仕事に結果を出していく姿は異性としてだけでなく人としてもすてき。彼の失敗をさりげなくフォローしたり、アドバイスをするだけでなく、間違っていることはきちんと指摘できる強さも彼には魅力的に映るはず。

■時々は素直に甘えるかわいらしさを

ときには、年下の彼に甘えたいときあるもの。そういうときには、しつこくならない程度に素直に甘えてしまうのもアリ。普段のキリッとした雰囲気とのギャップが新鮮でかわいらしく思ってもらえるだけでなく、年下男性の「男らしさ」の部分を刺激する効果もあります。「あなただから甘えられる」という特別感の演出もお忘れなく!

■年齢に応じた美しさをキープ

若作りする必要はありませんが、見た目を気にしなくても良いというわけではありません。メーク、ヘアスタイル、洋服などが年齢に応じたものか、自分に似合うものを身に着けているかという点には細心の注意が必要です。全身をブランドで固めてしまうと、年下男性に収入面での劣等感を感じさせてしまうこともありますが、長く使える良いものを身に着けている大人の女性というイメージにも見せられるので、上手に使い分けてくださいね。

若い女性より、人生経験を積んだ年上女性の芯の強さに引きつけられる年下男性は増えています。見た目でなく中身で選んでくれる年下男性と付き合えば、きっと幸せになれるはず。

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]