お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

オカン系女子と思われないための秘策―「何気なく」がポイント

最近よく耳にするオカン系女子。気が利くのはいいのですが、度を超してしまうと彼にけむたがれる「オカン」状態になりかねません。そこで、オカン系女子と思われないための秘策をご紹介しましょう。

【気が利く女子はモテる!出会いの季節に使いたい「差し入れのコツ」・4選「必ず余分に持っていく」】

■こんな行動は要注意。あなたが「オカン」に見える瞬間

彼のためを思って尽くしているはずが、いつの間にか尽くしすぎになってはいませんか? 例えば、頼まれてもいないのに彼の部屋に行って掃除をしたり、ご飯を作ったり。中には、洗濯物の脱ぎ方や忘れ物のチェックまでしているケースもあるようです。

気が利くのとやりすぎは紙一重。ほどほどのところで押さえておかないと、いつの間にか口うるさい「オカン」系女子と思われてしまいます。

■気が利く女子はここが違う! 「何気なく」がポイント

では、気が利く女子だと思われるには、どんな点がポイントなのでしょうか? ポイントは「何気なく」。気遣いもしすぎると厚かましく、うっとうしく思われるもの。相手の負担にならない程度に、さりげなく気遣いを示すのが大切なようです。

飲み会でグラスが空いたら、「何か飲みます?」とメニューを差し出したり、料理を頼むときには「何か嫌いなものあります?」と一言添えたり。何気ない相手への気遣いが垣間見えると、気の利く女子と思ってもらえそうです。

■「聞き上手」は気が利くイメージ

相手の話をじっくり聞いてあげる「聞き上手」な女性は、やはり気が利く女子のイメージ。自分の話を一生懸命に聞いてくれる女性には、やはり好印象を抱くものです。あえて反論はせずに、うんうんとうなずいて聞いてあげるのが、男性心をくすぐるポイントのようです。

■「相手への思いやり」を持った女子が魅力的

どんな場合でも、相手への思いやりを持った女子が、気が利く行動を起こせるようです。自分勝手な行動をとったり、口うるさく言うのはNG。周りの空気を読んで、気遣いの一言をかける。これだけでも、十分に気が利く女子と言えそうです。

オカン系女子と気が利く女子の違いは紙一重。その加減は難しいところですが、どうも最近口うるさく言っているな、と感じた人は、黙ってさりげない行動を起こすだけにとどめてみましょう。小さなことかもしれませんが、男性は実によくチェックしていますし、感謝もしています。

何気ない気配りができる、素敵女子を目指したいものですね。

お役立ち情報[PR]