お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

既婚女子に聞いた! 「結婚って大変だな~」と思う瞬間って?

「恋愛と結婚は別物」なんて言われるように、どんなに大好きな彼でも結婚して毎日生活をともにするとなると、想像していなかった苦労も多いはず。そこで今回は、既婚女子に「結婚って大変だな~」と思う瞬間を聞いてみました!

■家事

・「毎日の夕飯の献立を考えること」(24歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「部屋の片付けが苦手で、わーわー言われる。独身なら誰にも言われなかったから」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「ひとりだったら適当にご飯を済ますけど、旦那がいるとしっかり用意しないといけないこと」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「おなかがすいてないのにごはんを作らないといけないとき。旦那が散らかしたのに、片付けるのは私……みたいなとき」(32歳/機械・精密機器/事務系専門職)

やはり多かったのが、家事の大変さ。毎日の献立に掃除洗濯、片付けなどなど、仕事で疲れていても手を抜けないのは、やっぱりつらいですよね。

■義理の両親や親戚との付き合い

・「同居したのが、そもそもの間違いで、舅姑に合わせなきゃいけないし、頻繁に帰ってくる小姑もストレス」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「親戚付き合いをする場面。やっぱり夫の親戚との集まりは気疲れしてしまいます」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「親戚付き合い。長期休暇に相手の実家にあいさつに行くのが疲れる」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「義実家との関係。特に習慣がちがったりするからお盆、お彼岸、子どもの行事は面倒」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

独身時代と決定的にちがうのが、義理の両親や親戚との付き合いをしなければならなくなるということ! せっかくの休みも気疲れして終わってしまう……なんてこともあるみたい。

■ケンカ

・「夫とケンカしたとき」(27歳/医療・福祉/専門職)

・「ケンカしてもずっと一緒の空間にいなければいけない。家事もしてあげなければいけないこと」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

・「仕事、お金、時間に対するスタンスが異なる。自我をはったら『僕がどう思うのか分からないの!?』と言われケンカに」(31歳/電機/事務系専門職)

価値観や習慣のちがいから、パートナーとケンカになることはよくあること。でも結婚していると、ケンカ後も同じ空間にいなければならないので、ストレス発散できず大変みたい。

■そのほか

・「転職活動の面接で『旦那さんのお仕事は? 旦那さんの転勤の可能性は?』と聞かれること」(26歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

・「近所付き合い」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

・「家族行事が増えた」(29歳/情報・IT/営業職)

・「お金のことや将来設計を考えること。介護の問題」(33歳/学校・教育関連/専門職)

結婚することによって、将来のことやご近所付き合い、家族行事など、やらなければならないことが増え、自由がなくなることにストレスを感じている人も多いみたい。

いかがでしたか? 結婚というと、幸せで楽しいことばかりのように聞こえますが、実際は努力と我慢が必要な場面が多いものです。単なるあこがれだけで結婚して、失敗しないよう、きちんと自分と相手の価値観や意識を確かめあってから、決断したいものですね!

(マイナビウーマン編集部)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数292件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]