お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド エンタメ全般

ネット社会の噂話の恐怖! 井上真央、綾野剛らが出演の話題作『白ゆき姫殺人事件』とは?

同世代女子が気になるトレンド情報から、新商品、人気スポットなどまで、ランチタイムの話題にしたい、気になるあれこれをピックアップ!

数人にしか話していないのになぜかみんな知っていたり、事実より遥かにオーバーな内容にすり替わっていたり……。女の噂話って本当に怖い! そう思った経験はありますか? そんな“噂話の恐怖”を描いた話題の映画『白ゆき姫殺人事件』が公開中です!

(C)2014「白ゆき姫殺人事件」製作委員会 (C)湊かなえ/集英社

原作は、働く女子にもファンの多い人気作家の湊かなえさん。無責任な噂話がSNSで拡散し、殺人事件の容疑者としてつるし上げられた主人公は、極限にまで追いつめられていく……。いったい何が真実なのかわからなくなるほど情報にあふれ、また、どんな情報も簡単に拡散できてしまう、そんなネット社会を生きる私たちにとって、リアルな共感ポイントが満載。

ストーリーは、美人OL・三木典子(菜々緒)の惨殺事件から幕開けます。犯人は被害者と同期の地味なOL・城野美姫(井上真央)ではないか──。彼女の行動に疑問を抱き、その足取りを追うテレビ局のワイドショーディレクター・赤星雄治(綾野剛)は、彼女の同僚・同級生・家族・故郷の人々を取材。

「城野さんは典子さんに付き合っていた人を取られた……押さえていたものが爆発したんだと思う、あの事件の夜」「小学生のころ、よく呪いの儀式をやってたって。被害者の殺され方が呪いの儀式と同じでしょう?」「犯人です、間違いありません!」……。

そこで語られた噂話から、テレビ報道は過熱し、ネットは炎上。Twitterをはじめネットの影響力によって、噂が噂を呼び、口コミの恐怖はどんどん広がっていく。果たして美姫は犯人なのか? それとも──。

(C)2014「白ゆき姫殺人事件」製作委員会 (C)湊かなえ/集英社

主人公を演じるのは『八日目の蝉』で第35回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した井上真央。食い違う人々の証言に合わせて、異なる表情を演じわけたその演技力にはあらためて脱帽! 窮地に追い込まれていく主人公の苦しみに胸が締めつけられます。ワイドショーのディレクター役には、今をときめく綾野剛。取材で入手した情報をTwitterでつぶやき、ネットを炎上させる浅はかな男を熱演。

噂によって“新たな真実”が作られ、自分という存在があっけなく塗り替えられてしまう。その恐怖がリアリティを持って克明に描かれ、背筋がゾクゾクッと冷たくなります。現代社会の闇を鋭く切り取ったこの春の注目作、ぜひチェックしてみて!

●白ゆき姫殺人事件
http://www.shirayuki-movie.jp/

(オカザキエミコ/六識)

お役立ち情報[PR]