お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド 芸能

女の噂話って怖い!? 菜々緒、「トラブルが大っ嫌いなので、一線を引く」

『告白』など、女性の心理を深く掘り下げるサスペンスで知られる湊かなえさんの小説を映画化した話題作『白ゆき姫殺人事件』(3月29日公開)。美人OL殺害事件が発生し、被害者と同期入社の女性が犯人? とインターネットをはじめメディアに噂が広がっていく様子を描くゴシップ・エンターテインメントです。

被害者の三木典子と犯人の疑いをかけられた城野美姫は、ともに化粧品会社の社員。2人をよく知る会社の同僚や、元同級生などが次々とテレビの取材に証言し、それを見た視聴者がツイッターで感想をつぶやくと、そこからまた新たな噂が出てきて……という展開は、あまりにもリアル。

(C)2014「白ゆき姫殺人事件」製作委員会 (C)湊かなえ/集英社

「こういう事件のニュースが、今この場でテレビから流れてきてもまったく違和感がないですよね。すごく現代的な問題を取り上げていて、見ていて自分自身がストーリーに入っている感覚で楽しめるんじゃないかと思います」と、被害者・典子を演じた菜々緒さんは語ります。

典子は美人でやさしくて後輩思いの素敵な女性として登場するけれど、のこされた人々が証言するたびにその実像は変化していきます。菜々緒さんは、「殺されてしまうくらい、他人から妬まれることが多かったのかも。私自身、学生のころから面識もない人に嫌われる経験がよくあって、そういう面では典子に共感に近い感情を持ちました」と言います。

犯人の疑いをかけられた同期の美姫(井上真央)との関係をはじめ、完ぺきなはずの典子の裏の顔も描かれ、その腹黒い部分も、証言者の女性たちの言動にも「いるいる、こういう人!」と絶対に思うはず。でも、映画に登場するのは他人の思い込みで語られる典子像。「映画の中の“人の記憶はねつ造される”という台詞の通りで、同じ出来事でも人によって受ける印象はまったくちがいますよね。今回はいろんな人の証言に合わせて演じ分けたので、余計にその怖さを感じました」と菜々緒さん。

菜々緒さん自身は噂話には全然興味がないと言います。「自分の目で確かめないものに関してはまったく信じないです。みんなと同じ意見じゃないと気に食わないという人もいますけど、そういうタイプの人は私のほうから回避するようにしちゃいます。私自身、トラブルが大っ嫌いなので、一線を引いていることが多いかもしれません」と、菜々緒さんは自己分析します。

(C)2014「白ゆき姫殺人事件」製作委員会 (C)湊かなえ/集英社

いくら気をつけても心ない噂や誤解に苦しめられる事態は起きてしまうもの。菜々緒さんに解決法を聞くと「慣れること」と笑顔でひと言。「私自身、こういうお仕事をしているということもありますけど、慣れてしまうのが一番いいんじゃないかと思います。粘着質な相手とは途切れないやり取りを続けるより、受け入れてしまうことが大事。人と人って、そんなに簡単に関係は絶てないし、つながりを持たないといけない環境もありますから」と菜々緒さん。

ひとりで肩ひじを張りすぎず、でも深入りもしすぎず。自分を見失わず、そういう人だと受け入れてしまうこと。それが人間関係をスムーズに築いていく秘訣と言えそうです。

●白ゆき姫殺人事件
3月29日(土)全国ロードショー
http://www.shirayuki-movie.jp/

(冨永由紀)

お役立ち情報[PR]