お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

自分の話ばかりする女の心理とは。効果的な対処法

織田隼人(心理コーディネーター)

身近に、自分の話ばかりをして、周囲を困らせている女性はいませんか? このような女性がいると、職場でもプライベートでも、周囲が疲弊してしまいます。関わりを持たないで済むのであれば、それに越したことはありません。しかし、関係を断ち切れない場合もありますよね。そこで、自分の話ばかりする女性の心理や対処法を心理コーディネーターの織田隼人さんに教えてもらいました。

■自分の話ばかりする女性の心理

最初に、自分の話ばかりする女性の心理について、解説してもらいました。

◇自分の話ばかりする女性心理とは

自分の話ばかりする女性は、承認欲求が強い人が多いです。自分自身を認めてもらいたいので、自分のことをよくしゃべります。しかし、他人に対しての興味は薄いことが多いです。もし自分以外の人に興味があれば、その人のことについて、深掘りして聞いていくでしょう。つまり、自分にしか興味がない、そして自分を認めてほしいという気持ちが強いので、自分の話ばかりしてしまうと言えます。

◇自分の話ばかりする女性の恋愛傾向

自分の話ばかりする女性は、短期的な付き合いを繰り返す傾向があります。なぜなら、自分を認めてくれる人に対しては、比較的すぐに心を受け入れる傾向があるから。ただし、自分の話ばかりする女性と付き合っても、男性が楽しくなるわけではありません。

最初は男性もがんばって話を聞くかもしれませんが、そのうちツラくなってくるので、男性から別れを切り出します。また、男性が女性の話に付き合えたとしても、女性のほうが「昔ほど自分のことを受け入れてくれなくなった」と感じて別れるケースも。こうした女性は自分を認めてもらうことに満足して付き合うのですが、長期の付き合いになると、男性も女性の「自分話 」をある程度スルーして、ストレスがたまらないように対策をします。しかし、自分の話ばかりをする女性にとってスルーされることはストレスになり、別れに発展してしまうのです。

次ページ:正直疲れる。効果的な対処法

お役立ち情報[PR]