お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

見たくなかった……! 普段はおとなしい人が豹変した瞬間「酔っ払って赤ちゃん言葉」「プリンを食べられてマジギレ」

「いつもおとなしい人ほどキレると怖い」なんてよく言いますよね。でも実際のところ、そんなに豹変する人っているのでしょうか……? 今回は女性のみなさんが目撃した「豹変したアノ人」のエピソードをご紹介します!

■お酒を飲むと……

・「お酒を飲んだとたん、普段ためていたストレスが爆発したのか、傘をもって暴れだした」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「飲んで、上司を目の前にタメ口のおしとやかな先輩」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「酔っぱらうと赤ちゃん言葉になるいい年の知人のおっさん。『おいちい』など」(25歳/情報・IT/事務系専門職)

アルコールは人を開放的な気分にしてしまう模様。普段は理性をもって閉じ込めていた、その人の本質が出てきてしまうことも……自分自身も、お酒の席での言動には気をつけたいですね!

■職場にて

・「電話応対で、突然キレだし、『話を聞け』と怒鳴った人がいた。普段はていねいな口調で温和なのに、豹変して怖かった」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「上司に怒られたら、急に顔色を変えて泣きながら文句を言っていた」(27歳/電機/技術職)

・「普段おとなしい職場の女性が、プライベートの電話では高飛車だった」(22歳/その他/事務系専門職)

・「おとなしい人が、職場でプリンを食べられてマジギレしていた」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

職場で感情が抑えきれなくなって……というケースも発生しているようです。何かとストレスのたまりやすい場所である職場。でも、うっかり爆発させてしまうと、あとが気まずくなってしまいそう!

■知らなかったあなたの一面

・「普段ひと言も話さない人がカラオケに行ったら、ものすごい歌いまくってた」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ディズニーランドで水がかかるイベントに参加したら、いつもはおとなしい彼氏が大興奮で騒ぎはじめた。こんな一面もあるのか……」(31歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「普段は誰にでもやさしい親戚のおばさんが、宗教の話になったとたん、押し寄せる波のように語りだし勧誘してきた」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

普段物静かな人が、スイッチが入った途端、急にテンションがアップすることも! 知らなかった一面にびっくりさせられることもありますが、それもその人の性格のひとつ。慣れたもん勝ちかもしれません。

■こんな場面でも目撃!

・「店員の態度が豹変して驚きました。いきなりタメ口になって、説教をされたので怖かったです」(30歳/ソフトウエア/事務系専門職)

・「車の運転をしたら性格がガラリ……ちょっと怖い!」(30歳/不動産/事務系専門職)

・「中学生のとき、授業の教科担任が問題児に対してキレた。『なめてんのかコラ!』と言いながら、脚で蹴りながら問題児の机を教室の外まで放り出した。問題児はすごくおとなしくなった」(24歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「ラブプラスをばかにされて後輩の草食系男子が役員に向かって注意をしていた。役員は完璧に引いていた。周囲は笑いたくて仕方なかった」(31歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

車の運転中に豹変する、というのはよく耳にしますよね。そして恋愛ゲームのことで役員に歯向かう後輩……意外と度胸がある人なのかも?

ハタから見ていると「豹変」ですが、実は普段は、本人が理性という膜で覆っていただけなのかも……。これまで見えていた部分と合わせて「その人自身」と言えるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年2月にWebアンケート。有効回答数143件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]