お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

KADOKAWAより、200作品の漫画がタダで読める 新ウェブサービス「ComicWalker(コミックウォーカー)」スタート!

新ウェブサービス「ComicWalker(コミックウォーカー)」

株式会社KADOKAWAは、新ウェブコミックサービス「ComicWalker(コミックウォーカー)」を、2014年3月22日(土)よりスタートすると発表した。

【漫画キャラの中で「いいお母さん」といえば1位「磯野フネ」】

昨年10月1日に主要事業会社9社と合併した新体制の「KADOKAWA」が、合併後初めて立ち上げる「ComicWalker(コミックウォーカー)」は、1億ページビュー、ユニークユーザー数100万人を当面の目標として掲げる「新ウェブサービス」。同社が発行する、少年エースやヤングエースをはじめとする23のマンガ雑誌やウェブマガジンからセレクトした連載中の150作品と、「コミックウォーカー」完全オリジナルの50作品、計200作品が掲載される。

「コミックウォーカー」に掲載される作品は、すべて無料。スマートフォン(iOS、Androidに対応)・タブレット・パソコンのいずれの端末でも利用することができ、日本語だけでなく英語・中国語の3カ国語に対応、クリックで3言語の各画面に切り替えも可能(40作品からスタート、順次拡大の予定)。

また、掲載時にモノクロだった作品を最新の彩色技術でフルカラー化、第1弾として、生誕35周年を迎える機動戦士ガンダムの公式コミカライズ『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』と『新世紀エヴァンゲリオン』が登場する。

さらに、サービス開始と同時に新人公募企画『ComicWalker新人大賞』や、「艦隊これくしょん -艦これ-」をテーマに描かれたコミック・イラスト作品を募る、ユーザー参加型の「艦これ コミック・イラスト大賞(仮)」なども開催予定とのこと。

お役立ち情報[PR]