お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

【埼玉限定】ダジャレシリーズ、その2。さい+たま=「さいたま」なキティちゃん

知らない人はいない、旅行先でのご当地土産といえば「ご当地キティ」。各地で話題を生み出している、ご当地キティの全体像に迫るべく、47都道府県のさまざまなキティちゃんをご紹介いたします。今回は埼玉県限定のさい+たま=「さいたま」なキティちゃんのご紹介です。

 

「サイ」と「たま」で「さいたま」。

「ダジャレですが、何か問題でも?」なんて、キティちゃんの開き直りっぷりに埼玉県民もおののいたという、ご当地キティです。

ちなみに「たま」の部分が、なぜサッカーボールなのかというと、一番有力な説では、埼玉にある有名なサッカースタジアム「埼玉スタジアム」があるからだと言われています。

ここからが、問題の部分です。

なぜキティちゃんは、「サイ」の格好をしているのか……。

実は、ここにはダジャレ以上の深い意味がありそうなのです。

「それ以上は、言っちゃだめ……!」

キティちゃんは自らのお口を押さえて、そうアピールしていますが。

言い逃れはさせないぞ、証拠はそろってるんだ!(バシッ!→書類を机に叩きつけた音)

それは1980年代に端を発する出来事です。

もうお忘れの方も多いかもしれませんが、何でも埼玉はおしゃれな街がなく、畑が多いことから、ひと昔前に「ダ埼玉」なんて言われている時期があったのです。

それを「けしからん!」と思ったのかどうかは不明ですが、埼玉県では「ださいんじゃない、埼玉は彩(さい)の国なんだ!」と「彩(さい)の国」キャンペーンを行ったのです。

キティちゃんは、これを誤解して「彩の国」の「彩(さい)」を、動物の「サイ」だとまちがえちゃった可能性があるのです……。

キティちゃん、ズバリそうでしょう!

キティちゃんは相変わらずお口を押さえて、黙秘を貫いています。

そのため真相は闇に包まれたまま……。

……ダジャレシリーズ、その3へ続く。

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]