お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

【茨城限定】ケンカ上等!? 水戸納豆をリアルに表現したキティちゃん

47都道府県にそれぞれ存在する、「ご当地キティ」。このコーナーでは、各地で話題沸騰のご当地キティを、都道府県別にご紹介していきます。今回は茨城県水戸市の「水戸納豆をリアルに表現したキティちゃん」をご紹介したいと思います。

各地にご当地名物あれど、それをPRしたくても、なかなかキャラをたてるのが難しいご当地名物もあります。

そのひとつが「納豆」です。

だって「納豆」ですよ!?

ネバネバした豆の一粒一粒をキャラで表現したら、考えただけでも、なんかとってもシュールな出来上がりになりそうです。

しかし残念なことに、そんなかわいくPRするのがむずかしい「納豆」を名産品として誇る地域もあります。

それが茨城県水戸市です。

水戸市といえば水戸納豆。

しかしやっぱり、この納豆をキャラで表現するのが、なかなか難しかったようで……。

水戸市を代表するマスコットキャラクター「みとちゃん」も、納豆のつぶつぶ・ネバネバの部分はあえてぼかし、水戸納豆のわらをかぶるだけの表現でとどめています。

……しかし、しかししかし!

この表現困難な納豆にあえて挑んだ猛者もいます。

それが、われらがアイドル、キティちゃんです。

納豆は、蒸し煮にした大豆に納豆菌を混ぜ、20時間程度発酵するという工程があります。

そこから約1日、熟成させるのですが、その熟成期間をなんとキティちゃんは「鼻ちょうちん」で表現してしまったのです。

そして豆一粒一粒や白いネバネバの部分まで、納豆嫌いな人なら「ヒー!」と叫んでしまいそうな部分を、なんとあろうことか、「そのままリアル」に表現してしまったのです。

キティちゃん、やる気満々です。ケンカ腰です。気のせいか、赤いリボンのキティちゃん、「これが納豆だ、見てみろ!」と言わんばかりに瞳孔が開いている気がします。

水戸に来たら、ぜひこの勇気あるキティちゃんを手に取って見てみてください。

くれぐれもケンカ腰で会わないでくださいね。キティちゃん、相当やる気ですから。

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]