お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 エンタメ全般

年に1度のキャストのための特別プログラム「サンクスデー」開催 東京ディズニーリゾート

セレモニーの様子

東京ディズニーリゾートでは、2014年1月27日(月)、キャストのためのパーク貸切プログラム「サンクスデー」を開催した。

【雨の日でもディズニーランドを楽しむには?】

同園では、キャスト全員がモチベーション高く働くことができるよう、ES(従業員満足度)活動に取り組んでおり、独自の施策の一環として開催される「サンクスデー」は、東京ディズニーリゾートで働く準社員(アルバイト)のキャストのために、上司である役員や社員がキャストとしてもてなすことで感謝の気持ちを伝えるというもの。また、準社員にとっても、ゲストとしてパークに訪れることで、あらためてゲストの気持ちを考え、初心にかえる貴重な機会になるとのこと。

当日の東京ディズニーランドは、19時に一度閉園、そして20時から22時30分までの2時間30分、「サンクスデー」として再開園した。参加した約14,000名のキャストたちは、貸し切られた園内で、ディズニーの仲間たちによる特別なセレモニーやアトラクションを思う存分に楽しんだという。

(C)Disney

お役立ち情報[PR]