お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

彼に気になる女性の影……。早めに賢く手を打つには―真正面から一本勝負「浮気してるの?」

すべての人とは言いませんが、浮気癖がある人、現実逃避に浮気を利用する人も中にはいます。そんな彼とおつきあいしていると、やっぱり気になるのが彼にちらつく女性の影。浮気しているのも気になるし、「どっちが本命!?」と問い詰めたくなるのも人情です。

【「男の浮気の仕方」と「女の浮気の仕方」男女とも浮気心のピークは30代まで】

しかしここは冷静に! こんなテクを試してみましょう。

■姑息な手段で手に入れた情報は、公開しないのが原則

まずは女性の影に気づくきっかけになった、情報ソースをあらためて見直してみましょう。もし部屋に女性用グッズや、女性の忘れ物を見つけたなら、それはそのまま使えるので利用しましょう。また人から聞いたウワサ話も、そのまま問い詰める材料として使えます。

気をつけたいのは、彼に黙って携帯や郵便物を見てしまい、女性の影を知ったというケース。このケースの場合、論点を浮気から、自分のマナー違反にすり替えられてしまいやすく、彼氏が逆ギレを装って逃げやすくなります。

徹底的な証拠を突きつけたいのは山々ですが、姑息な手段で入手したデータなら、ソース元は明かさないようにしましょう。

■姑息なワザは使わず、真正面から一本勝負!

女性の影がちらついているなら、そのものズバリ指摘してしまった方が効果ありです。「○○っていう女の人と、浮気してるの?」と、びっくりする位ズバリ冷静に言ってしまった方が、話し合いが進めやすくなります。

女性の影がちらつくときに、「○○さんとは、どういう関係?」なんてゆるいジャブを入れるだけでは、容易に彼に逃げられてしまいます。正々堂々と一本勝負を申し込みましょう。

■一本勝負で見えてくるものを、大切にしよう

彼が冷静に話し合いに応じてくれるなら、まずは安心です。冷静でいられるのは、全く身に覚えがなく、しかも自分ではなく、あなたのことを心配しているからです。彼が冷静に話し合いをしてくれ、事情を詳しく聞こうとしてくれるなら、まずは問題ないでしょう(もちろん浮気の達人である可能性もありますが……そんな人に出会う確率はそれほど多くはないため、ここでは問題ないことにします)。

問題なのは逃げようとする行動を見せたとき、もしくは彼がパニックを起こしたときです。こんなときはあなたを丸め込もうとするか、話をうやむやにしようとする、もしくはその場を離れようとするはずです。

こんなときは自分が本命の彼女であるがゆえに、浮気を隠そうとしているのか、浮気だからこそ本命の彼女を守ろうとしているのか、考えられるのは2つにひとつ。もし「自分が本命である」ことにこだわるなら、彼の言い訳を受け入れてあげるゆとりも大切です。

「相手を知ってるぞ」と深いくぎを刺しておき、彼が浮気に走りづらくなるよう外堀を埋めましょう。もし自分が浮気相手だなと感じるなら、きっぱりサヨナラする勇気も大切です。

彼に女性の影がちらつくと、内心ソワソワ落ち着かなくなり、パニックに陥りがちですが、こんなときこそ冷静に、彼に勝負を挑むときです。落ち着いて対処してくださいね。

お役立ち情報[PR]