お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

怖すぎる……! 恋愛の修羅場体験「彼氏の浮気相手が友人だった」「別れ話に取り乱して暴れ出した」

恋愛は楽しいことばかりではないもの。ときには第三者を巻きこんで、ちょっとしたトラブルに発展してしまうこともありますよね。人によっては、それをドラマチックな体験……と思うかも知れませんが、中には怖い思いをした経験のある人もいるみたい。そこで今回は働く女子にこれまでに経験した「恋愛の修羅場」を教えてもらいました!

■三角関係で大モメ!
・「私は彼氏と同じ会社で派遣社員をやっていたが、友だちを紹介してあげて一緒に働くことになったら、まさかのそこが浮気をしていた。普段何食わぬ顔で私の悩みとか話を聞いてくれていただけにショックだった。しばらく人間不信になった」(30歳/機械・精密機器/営業職)
・「彼がいながら別の人を好きになってしまい、彼2人と私の3人で話をすることになり、どちらを選ぶかその場で決めさせられた」(29歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

恋人の浮気相手が友人だと知ったときのショックは計り知れないもの。彼も彼ですが、友人も友人。そういう場合は、すっぱり縁を切ってしまったほうがいいかも。また、自分自身が浮気することで修羅場になってしまった……という女子もちらほら。人間の気持ちは変わりやすいものですが、トラブルに発展させたくないなら、きっちりとした線引きは必要かもしれませんね。

■興奮すると危険です!
・「嫉妬深い彼に嫌気がさして別れを切り出したら、取り乱して暴れ出した。隙を見て逃げた」(31歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)
・「昔付き合っていた彼が、元カノと浮気していることに気づいた。ケンカしてお風呂のガラス扉が割れて、背中に刺さった」(27歳/商社・卸/事務系専門職)
・「友だちのホストと一緒にとったプリクラが、そのホストの本命客にばれて面倒なことになった。ぶっちゃけ刺されかけた」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

ひぃぃ! これはちょっとした事件ではありませんか! 感情が高ぶると、本人すら思いもよらない行動をとることもあります。相手を興奮させないよう、十分に気をつける必要がありそうです。

■別れ話はきっちりと
・「別れたつもりだったのに、相手が納得せず、家の前に張り込まれた」(26歳/医療・福祉/専門職)
・「別れ話をして、帰ろうとしたら彼がドアの前に立ちふさがり話してもラチがあかなくなった」(24歳/運輸・倉庫/営業職)
これがさらにエスカレートすると、ちょっと怖い感じもしますよね。ちょっと危険な相手だと思ったら、ふたりきりにならない場所で話すなど、注意が必要かも。

■修羅場? 恋愛トラブルいろいろ
・「彼の趣味が受け入れられなくて、婚約破棄しそうになった」(28歳/食品・飲料/秘書・アシスタント職)
・「お金の貸し借りがあったときに、別れてからもお金を返してもらうことが大変だった。今後は絶対に貸さないと誓った」(24歳/情報・IT/事務系専門職)

ほかに「ここでは書けない」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)なんていう声も! 人間同士の付き合いには、いろいろなことが起こるものですね……。

いかがでしたか? みなさんのまわりにも、もしかしたらこんな恋愛トラブルが転がっているかも……。普段から相手に対して誠実に対応していれば、大きなトラブルは避けられるはず。あいまいな態度で身の危険が及ばないよう、十分気をつけてくださいね!

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2013年12月にWebアンケート。有効回答数303件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]