お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

「レーザーポインター」「エアビーム」の2つのモード搭載『ツインプレゼンポインター<二灯流>』登場-コクヨS&T

「ツインプレゼンポインター<二灯流>」(上)<エアビーム>モード (下)<レーザーポインター>モード

コクヨグループのコクヨS&T株式会社は、「レーザーポインター」と「エアビーム」の2つのモードを搭載した『ツインプレゼンポインター<二灯流>(にとうりゅう)』を、2014年2月3日から発売する。

【あなたの話を誰も聞いていない―話をわかりやすくする方法「つなぎ言葉を入れる」】

『ツインプレゼンポインター<二灯流>』は、レーザー光を直接照射する「レーザーポインター」と、レーザー光では光が吸収されてしまう液晶モニターなどでも使用できる“マウスのカーソルのような”ポインター「エアビーム」の機能を持つことで、シーンに合わせたプレゼンテーションが可能だとのこと。また、プレゼンテーションの時間超過対策に、LED表示のタイマーとバイブレーション機能が搭載されている。

価格はオープンで、本体寸法は幅32mm・奥行123mm・高さ22mm、受話器寸法は幅18mm・奥行64mm・高さ8mm。質量は本体約65g(電池含む)、受信器約7g。レーザーポインターモード時のビーム到達距離は約70m(夜間使用時)。

「ツインプレゼンポインター<二灯流>」詳細説明

お役立ち情報[PR]