お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家雑学 デート・カップル

幸せなはずの「追われる恋」が、短命恋愛に終わるワケ

恋愛部長

豊富な失恋経験・恋愛アドバイス経験をもつ“恋がへたくそな女子代表”恋愛部長さんが、働く女子の恋の悩みにアドバイス。さまざまなトライ&エラーのすえに編み出された、誰でも真似しやすい「恋のメソッド」を指南します!

こんにちは、恋愛部長です。恋してますか? 世の中あまりに恋愛、恋愛とうるさいので、逆にちょっとウンザリしちゃってる人もいるのでは? 今回はちょっと肩の力を抜いて、恋愛を客観視できるお話でも。今回のお悩みは?

好きになってくれた男性と付き合うものの、いつも長続きしません

理想の彼氏、パートナー像がいつもなく、告白されて付き合うパターンが多かった。結果、先が見えなくなったり嫌になったりして自分から別れを告げる。自分に合う男性の性格やタイプがいまひとつピンとこない。(かめ/32歳/団体・公益法人・官公庁)

フムフム、なるほどね。告白してくれる人と付き合うんだけど、嫌になってしまって続かない、ということですね。恋に縁遠い人からすると、「なんて贅沢な!」と思うかもしれませんが、案外これ、ご本人には深刻な悩みですよね。どうも、恋愛をしたくてしているわけではないようですし。もしかすると、相談者さんは、義務感で恋愛しているのではないでしょうか。

そもそも、告白されて付き合う理由ってなんでしょう? 告白してくれたし、自分を好きでいてくれるなんてありがたいから? ちょっとは悪くないなと思ったから? それはそうだと思いますが、心の底に「誰かと付き合わなくちゃ」とか「恋愛しなくちゃ」という気持ちがあるのではないでしょうか? そりゃ、そうですよね。私も20代のころはつねにそんな感じでした。今よりずっと若い世代の「恋人がいる率」も高かったですし、いろいろなイベントに行くなら、なにしろ彼氏がいないとはじまらない! みたいな雰囲気で。
情報雑誌は、「花火デート特集」だの「クリスマスデート特集」だのばかり。「カップルにあらずんば、人にあらず」とでも言われているように思えて、恋愛していないといけない、彼氏がいなければいけない、という強迫観念に駆られっぱなしでしたね。そんな中で、告白とかされると、そりゃもううれしい。「恋愛ネタ、来た―!」って感じ。まわりの友だちに相談でもすれば、「まずは付き合ってみなよ!」なんて女子高生よろしく背中を押される。なんだか告白してくれた人も素敵に見えてきて、ついついお付き合いに……。私もありましたよ、そんなこと。いや別に全然モテたりはしなかったけど。だからこそでしょうか、誰かに「付き合ってくれ」と言われると、「真面目に考えなくちゃバチ当たる!」「この機会を逃しちゃダメだ!」なんて貧乏性を発症して、とりあえずお付き合いして一生懸命相手を好きになろうと思った。ときには、相手から告白されそうになると、先回りして、相手を好きになるよう努力して。「好きかも……?」っていうくらいには気持ちをもりあげて、付き合おうとしてた。

でもね、その結果は、惨憺たるもの。向こうから好きになってもらって付き合っていた時代、交際期間は最長で6カ月! 早い人は、たったの1カ月で別れてた。もはや付き合っているうちに入らない(爆)くらい。そのころの悩みは、「付き合うと、その人が好きじゃなくなる」「付き合うのが苦痛になる」というものでした。ひどい女ですね。

【次ページ】付き合ううちにモチベーションが下がる心理とは?

お役立ち情報[PR]