お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

覚えておきたい気配り「取引先へ向かう時は、20メートル手前で車を降りる」

「気配りができる人」に女性なら誰しも憧れるのではないでしょうか。「気配り」は才能の違いや、能力の違いと同じように、昔からの習慣や日々の努力の積み重ねが物を言う世界です。「気配り」に自信がないなら、今からすぐ「気配り」を始めてみましょう。

【彼を思いやるつもりが侮辱する言葉2つ「今までつきあった彼氏の中で、あなたが最高」「お財布、大丈夫?」】

■気配りできる人は、どんな経験やスキルの持ち主よりも尊敬されやすい

気配りできる人は、どんな経験やスキルの持ち主よりも「尊敬されやすい」ところがあります。「気配り」できる人は場の空気を読むことができますし、一通りのマナーも知っています。さらに個人個人の好みや細かい癖なども熟知していることが多く、性別関係なく「みんなの母親」的な役割ができるため、どんな職場でも重宝されやすい存在です。

■気配りできる人が、真価を発揮しやすい場所とは

気配りできる人が、まさにその真価を発揮するのが、接待のサポートや、または交渉役をサポートする役割を任されたような時です。気配りできる人は緊張した場をほぐす、いろいろな手法を知っているため、緊張感が漂いやすい接待や交渉の場をやわらげることができます。

また相手の小さな情報を見逃さないため、取引先相手の人物像を知りたいという時に、気配りできる人の情報はとても役に立ちます。

■今日から使える気配り、その1「取引先へ向かう時は、20メートル手前で車を降りる」

「取引先の玄関口まで、車で乗りつける」という行動は、誰にも見られていないにせよ、少しぶしつけな印象を与えてしまう行動です。取引先へ訪れる時は、20メートル手前で車を降り、徒歩で向かうようにしましょう。

■今日から使える気配り、その2「重要人物と歩く時は、相手を先頭に歩かせる」

重要な人物と肩を並べて歩かなければならない時は、相手を一歩先に歩かせ、先頭を歩いてもらうようにしましょう。また3人で歩かなければならない時は、重要な人物をトップにして三角形をイメージし、両脇を歩く人が一歩後からついて歩くようにするのが理想です。

■今日から使える気配り、その3「人間関係をジャンケンで覚える」

取引先会社の人間関係を覚えるのには、グーチョキパーで人間関係を覚えると、覚えやすいようです。重要人物を中心に、上下関係や敵対関係、友好関係など、力関係をグーチョキパーで一度覚えてみましょう。

その他にも、当たり前のことを日々欠かさないだけでも「気配りがある人」と思われることがあります。大きな気配りはなかなかむずかしくても、小さな気配りなら誰にでもできるはず。自分のできるところから「気配り」をぜひ始めてみてくださいね。

お役立ち情報[PR]