お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

日本の有休消化率、6年連続で最下位!「有給休暇・国際比較調査」-エクスペディア調べ

有給休暇の平均支給日数のうちの平均消化日数(消化日数/付与日数)

世界最大のオンライン旅行会社、Expedia Inc.の日本語サイト「エクスペディアジャパン」は、18歳以上のフルタイム・パートタイム・自営業の有職者、男女8,219名を対象に「有給休暇・国際比較調査」を実施。調査期間は、2013年8月20日~9月12日、調査対象国は日本をはじめ、韓国、アメリカ、アイルランドなど、24ヶ国。

【日本のサラリーマンの悪いところ 1位「残業や休日出勤が多い」 2位「有給休暇をとらない」】

有給休暇の支給日数に対し、何日間消化するかを調査したところ、消化率の1位はブラジルとフランスが同率で100%であったのに対し、最下位は日本の39%。この結果は6年連続となり、最下位から2番目にあたる韓国でも70%と、日本との差は倍近くあった。

また、日本では、1年間の有休消化日数が「0」と答えた割合が17%で1位。2位はアメリカの13%であったが、3位以降はカナダ5%、ニュージーランド4%と、1ケタ台という結果に。

1年間の有休消化日数は何日ですか?

現在の有休消化日数については、有休取得率100%であったフランス人の90%が「満足していない」と回答。これに対し、有休取得率が最下位だった日本では、ほぼ半数にあたる49%が「満足している」と回答した。

現在の有休消化日数に満足していますか?

今の仕事に満足しているかどうかの質問において、最も満足度が低かったのが、「日本」で60%。次いで「韓国」70%という結果となった。

今の仕事に満足していますか?

世界の労働時間の週平均は40時間であったのに対し、インド、香港、メキシコの1週間の平均労働時間は45時間と長く、一番週平均労働時間が短かったのは、オランダの30時間であった。

1週間の労働時間は何時間ですか?

お役立ち情報[PR]